MBA留学日記 University of Colorado at Boulderとその後
MBA留学日記。2006年7月からの2年間の学生生活とその後の東京生活。個人的なブログであり、公式なものではございません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Code of Ethics
Code of Ethics とは倫理規範とでも訳しましょうか。
団体にはルールがあり、もちろん法律にも従わねばなりませんが、もっとグレーな部分でかつ問題につながりそうな事例に対してどのように対処するか、どういうプロセスをもってその対処を進めていくのかなどを書いたものがまあCode of Ethicsって感じかな。

アメリカはボランティアが盛んで、当方が担当したのはJLDという女性だけのボランティア団体。設立が1918年と歴史あり。教育というFieldでいろいろな活動をされています(子供に図書館の使い方を教えるとか、火の危険と安全な扱い方を教えるとか、10代の妊婦および若いお母さんの教育をおこなうなど)。
団体自体は非常に真面目(お堅い)でびしっとしてそうですが、実のところはこの団体に入りたいという希望もまちまちで、ある人はボランティアに熱意があり、またある人は旦那の転勤でDenverに来たので仲間作りに来たとかいう感じ。Generation Gapもあるようで、言葉遣いがなっていない会員がいるとか…。まあいろいろルールで縛れないものがあるわけです。また、根本的にお金の取扱いとか不正流用している人を見つけた時にどうすべきかなどの指針を示すものもなかったので今回のCodeは非常に喜んでもらいました。

このCodeはチームで作成するのですが、大方はTylerという優秀なTeam Mateが骨子をつくりました。今回の説明もほとんど彼が説明していました。うちのチーム4名と3名くらいのミーティングかなあと思いきや、定例会の一部の時間をこの説明に当てたためか…、30名くらいの中でお話をすることとなりました。

女性だけの会なので内のチームの3名の男(含私)はお堅いミーティングの前にどーしよーもない話をしていたわけで…、それをうちの紅一点のサラに冷たい目で見られるという…、まあほのぼのとしたミーティングでした。

成績は…、どうかな?うーん、神頼み!

Ethicsプレゼン終了
いやいや、一息つきました。しかしプレゼン自体はあんまり宜しくなかったですな。久しぶりに言おうとしていたことが飛んでしまい、ちょっとパニクりました。過ぎたものはしょうがない。大怪我ではないのでよしとしましょう。

今はReal Estateの最後のクラスです。しかし、他のグループのプレゼンを聞くだけ。そして多分一時間くらいでおしまい。皆の衆は明日にテストがあるそうです。私はありませんので一安心。後はDecision Modelingのレポートだけ。これもほとんどうちのTeam MemberのエースJeffがやっつけてくれています。ちなみにこいつは年末に日本に連れて行くつもりなのでよろしくお願いします。

次のセメスターに行く前に…、Internはどうなっているんだ?これは明日でも確認をしよう。
働くとなればこれはこれで大変。

おおっと最後のグループです。
あと20分でおしまいですな。なんとなく言葉が耳に入ってこないのは気のせいでしょうか?このグループはデンバー・ボルダー間の交通機関について発表しています。車で40分の距離なんですが、バスだけじゃちょっと不便。車の使用を減らそうということで確かにRTDという交通機関が電車を引こうとしているという噂は聞いたことがあります。あれ?新システムはバスのシステムなの?でも4分おきに発車といっているが。
おう、電車も作る計画があるが、なんと50km/h。遅い!54分かかるんだって、そりゃ正直いって使えないね。
確かに電車やバスにての通勤になればデンバーの駐車場需要は減るでしょう。こりゃいいこといいこと。

ここにいると東京への通勤事情はやっぱり異常に思えますね。とはいえ、車社会というのがやっぱり無駄に感じるのも事実。もっと効率を上げるためにも建物は3階建て(平屋禁止)などにして土地を広げると同時に車がなくても動けるようにして、駐車場のスペースを減らす。また、住居の近くにスーパーを併設し、日々買い物ににいける。一度の買い物の数が減れば車の必要性が減ります。

これは私的な意見ですが、ここBoulderには大きな坂が2・3個所あります。この坂のところに自転車も使えるエスカレーターをつけたら人々は自転車を使いたがるのではないだろうか?するともっとエコロジー(その動力源をどうするかの問題がありますが…)。

とりあえず今日は終了。明日は一日ゆっくり休みます。


ロハスって??
LOHAS= Lifestyles of Health and Sustainability の頭文字をとった略語で、健康と環境、持続可能な社会生活を心がける生活スタイル「LOHAS」(ローハス/ロハス)のことです。
LOHASは1990年代の後半にアメリカの中西部、コロラド州ボールダー周辺で生まれた新しいビジネス・コンセプトです。ボールダー周辺には、地球環境問題や農薬汚染の問題に危機意識を持ち、オルタナティブな生き方やLOHASな事業を始めた人たちが誕生しました。
国の政策と地球環境の持続性に危機感を持つ、社会企業家やクリエイティブな人たちがビジネスを通じて新しいパラダイムの創造を志した、これがLOHASの源流です。(NPO ロハスクラブさんのホームページより抜粋)

うーん、今日の今日までロハスという言葉の意味すら知らなかった私。
しかもその言葉がBoulder発だったとは…。勉強のしすぎですな(自分への慰め)。
確かにここBoulderはそういう風潮は高いと思う。でもアウトドアが得意でない人(私のような)には退屈な街にも感じる、事実。うーん、でもただ遊ぶ時間がないだけというのも事実だからなあ。たぶん、まだBoulderを語れる領域に来ていないんでしょうな(笑)。

それじゃあ、なんかちょっとそういう商品を見つけたら紹介します。

再度になりますが、やはりここはちょっと特殊な町ですね。人口は10万人弱の大学町。人口の多くが学校関係者で、いわゆる超肥満になったような人はあまり見かけません。デンバーから車で40分くらい西にある町。日本でいったらどこだろう?コロラドって長野県っぽいから、上田市(人口16万人)みたい??
いやー、このボルダーはたぶんちょっと違う。小さな会社がポコポコ起業している。人々の新しいものへの興味が広い。先週はアナン前国連事務総長が公演に来ていた(行ってきました。なんと学生は$1!)人口10万人の田舎町に中々こないと思うなあ。まあ、アメリカの大学町ではそれなりにある光景ですが。

こんなボルダーにご興味ある人。是非、Boulder探検隊というサイトをご参照ください。リンク張りますので。

ネコがいない町
先ほど、ネットでCats Cocoonというネコ用玩具を見ていました。
しかし、ここBoulderにはネコがいないことに気づきました。
なぜでしょうか?どこに行ってもイヌは見ます。みんな車にも一緒に連れて行っていますし…。でも、ネコは本当に見たことがない。

野生の鹿(群れも見たことありますよ30匹くらいの)やリス(そこら中にいます)は見ますが、ネコがいない。

実はここBoulderでは昔から食猫の習慣がありました。

ということはありません。だから余計に不思議。

こんど友人にRegulationとかがあるのか聞いてみます。
日米逆転現象
日米逆転現象を発見!と勝手に思っているのですが…。

ここんところ新規事業の可能性を調べるという科目に取り組んでおります。
私は地元企業の持っている特殊バルブの拡販の可能性を調べるというもの。
使用用途を水素燃料関連に一度絞って調査をしたところ、自動車部品には無理(コストが合わない)ということで、今は水素燃料を車に入れるディスペンサー(ガソリンスタンドの注入機)に使う用途で検討を進めておりました(3月上旬に完了)。

今回はその可能性をお金の面や競合の面からも検討してみようというものです。数年間の事業計画を(自分の予測を用いて)つくってみます。もちろん、基本的な数字は関係者に聞いて情報を集めます。私の場合は日本人の特徴を生かし、日本企業にお話を伺うのですが、何せ聞く内容が「この機械はいくらですか?」がメインの質問。これはそう簡単に答えてくれません。

自分が営業をしていたので良く分かるのですが、まず学生に聞かれたときには「答えない」というのが一番多いと思います(私は丁寧に答えていました)。というのも、学生は絶対に買ってくれないからです。また、値段を答えるときでも業界の値幅の最高値を言います。安い値段が市場に広がることを懸念しますので。ということで、今回はCUのMBA生だが卒業後にアメリカで「ガソリンスタンドを水素スタンドにする」コンサルタント業をするように考えていると言い、価格を聞くと…、ほれ!結構、教えてくれます(もちろん悪用とかのしようもないのでご安心ください)。

ところが、アメリカでは”学生”というといろいろと教えてくれます。逆にコンサルとかいうと非常に怪しいとのこと。情報収集のやり方一つでも違うものです。今週末はこの資料作りで埋まるんじゃないかな?

こんなお話でした。




プロフィール

Keigo

Author:Keigo
千葉県出身37才男:千葉南高校・明治大学卒業後、石油化学メーカーに9年間勤務。
2006年7月より私費にてコロラド大学MBAに留学。
良い製品を世界に広げられるメーカーをつくるべく、MBAを志望。エリートらしさのかけらもないMBA学生生活とその後を発信。
帰国後は外資系化学メーカー勤務。でも、やっぱりエリートらしくない…。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



世界時計



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



らっしゃい!