MBA留学日記 University of Colorado at Boulderとその後
MBA留学日記。2006年7月からの2年間の学生生活とその後の東京生活。個人的なブログであり、公式なものではございません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Denver Museum of Nature & Science
昨日は土曜日にBoulderめぐりをした方とDenverの自然科学博物館に行ってきました。

5月なのに雪でノーマルタイヤでちょっと怖かったのですが車でDenverへ。滞在されてるホテルに行こうと思ってYahoo Mapを印刷するもなんか正確な住所が示せないらしく、ちょっと怪しかったので早めに出発。行ってみるとやはりちょっと違うらしい。で、Hotelに電話して道を聞き到着。しかし、どうもHotelの名前が違う…。何と買収された前の名前はHotel内に書いてあるものの新しい名前が書いていない…。わかりにくいやんけ!

ともかく、その後自然科学博物館に。何せ博物館の学会で来られているということもあり、博物館の見方も一味違う。どういう展示方法をしているのか、というのは結構大事みたい。そうそう、博物館学のメンバーだと大体どこの博物館にいってもただ(しかもGuestも1人まではただ)。ということで恩恵に授かったのでした。

しかし、広い。それもあるのですが、例えば鹿の展示にしてもただ標本があるだけではなく、生きている世界を絵やジオラマで再現してRealに、空間的な広がりをもって表現しているため、写真より躍動感のある世界を見れるんです。なんというかな、その場所にある小屋の窓から覗いている感じ。

動物だけでなく人のもあるのですが、どうやらNative Americanの場所はおもしろかったらしく、この方のいたDCの博物館とは違った趣向で展示が見れたと喜んでくださいました。DCではもっと政治色の濃い、迫害・差別の歴史等が若干多いのだそうです。自分としては今のダルフールにも劣らない迫害をしたアメリカ人の歴史がないのはちょっと残念というか不満なのですが、ま、とりあえず展示物は結構ちゃんとしていて見ごたえがあります。

あと、コロラドの特徴でもある鉱物についても展示がありました。これはすごい!一度は見る価値ありですね。他ではみたことがない展示量と規模です。

博物館に6時間くらいいたのかな?その間には雪も止み、DenverのDown Townに。翌朝が4時半のシャトルバスということで早めのDinnerをご馳走になりました。ロシア料理の店を見つけ、入るととてもきれいな洒落た店で、しかもおいしい。自分は鮭のなんちゃらを食べたのですがおいしかった!

気づいてみるとDenverの博物館等は余り行ったころがなく、他にも大きなところがあるみたいなので近々また行ってみたいなあと思ったのでした。
日本語でEmail
最近、Boulder在住の方にパソコンを教えているんですが、その方から日本語でEmailをしたいという話がありました。その方、AOLのメールサービスを使っているのですが、AOLのアメリカのWebをベースにしているため日本語入力できないんですね。元々の文字コードが欧米になっているのだと思います。

しかし、日本語ができなければ日本にいる人達と連絡を取るのに厄介だし、何年住んでいても英語は第二外国語であることには違いないし…、面倒なんですな。ということでどういう転送経路にしたら簡単にみれるかなあとか思っていたのですが…。何のことはない。Yahoo Japanのアドレスを作り、そこからメールするようにしました。

これならどこでも簡単に日本語入力可能です。
Emailのアドレスを持つのにお金を払っていた時代がありました。ま、今でも使っているのがそうなんですが、よく考えるとYahoo・Gmailなどただのものが沢山あり、便利便利。自分のパソコンをいじらなくても正しく使える(しかもアメリカにいるのに日本語で説明が読める)。何を今更と言われるかもしれませんが、何年経っても英語は第二外国語なのです。面倒なんですね、読むのが。読めますよ、時間かければ。書けますよ、時間かければ。でも面倒なんですな。

正直、自分は英語の雑誌を自分から読もうなんて一切思わないですな。必要なら読むけど、必要がないならできるだけ読みたくない(笑)。これも暫く教科書から離れたら克服するかなあ…。

ともかく、その方は無事日本語でメールができるようになったのでめでたしめでたしです。
しゅーしょくかつどう
授業も終わって、何やっているの?という感じだと思いますが、タイトルのとおり就職活動です。
このご時勢、Netで案件を探してResumeを送るところからスタート。以前はJapanese(言語)を求めるところを中心にしていましたが、それだけでは芽がすくなそうなのでその枠をはずして化学品の営業ということで応募しています。

ま、今日からこの領域に突っ込んで攻めているのでどうなるか分かりませんが、やれることはいろいろやろうということで進めています。家にいるとサボりそうなので毎日学校に行って作業をしています。どうなることやらですが、進展があればこの件でも報告致します。
Boulder案内+カラオケNight
昨日はお昼から活動開始でした。
博物館でのInternをさせて頂いていたのは記憶にあるかと思いますが、その関連の大きな学会がDenverであるらしく、コロラド州No.1のResearch大学ということらしいBoulder校でもいろんな会が行なわれたようです。私の上職だった方に日本からお客様が来られるということだったのですが、午後はどうしてもお偉方の相手をしないといけないと言うことだったんですねー。ま、当初は3人で昼ごはんでも食べましょうみたいな話だったのですが、せっかくBoulderに来て午後の時間が空いてしまっては勿体無いなあと思い、午後の観光案内を申し出ました。

このお客さん、日本の大学を出た後、博物館学でワシントンDCにある学校にてMasterをとられているという中々面白い方。世代的には同じくらいの女性と聞いていましたが、もっと若く見えたなあ。ともかく、この方の恩師がやはり学会関連でDenverにきていたのですが、昨日は五姉妹総結集の会をBoulderのTea Roomでやっていた模様。BoulderのTea Roomにいると言われても分からん!と思うかもしれませんが、それなりに住んでいるとあそこだなというところがありまして、車を走らせると、ビンゴ!いらっしゃいました。五姉妹皆さん上品そうな方。DCで習った教授にBoulderで会うとは中々面白い。

で、その後はCelestial Seasoningsに連れて行きました。先日書きました、あのスーツ脱ぎ捨て親父のハーブティーメーカーです。当方2回目ですが、前回はPreMBAのときでほとんど聞けていなかったので今回はいい復習になりました。女性にはハーブティーは受けがいい!喜んでもらえて嬉しい限りです。うーん、どんぴしゃと言うわけではないのですが、このハーブティー→自然と健康的なイメージはBoulderのイメージに合うんですね。そういう意味でもここが気に入ってもらえるとBoulderが気に入ってもらえたような感じがして嬉しいのです。

時間的にも後ろが切られているのでその後はPearl StreetというBoulderの一番きれいな歩行者専用モールに行きました。一度、車をうちに止めて、Boulderクリーク沿いに15分の散歩をしてPearlに到着。この道のりもBoulderのきれいな自然が堪能できる場所で喜んでもらえたのでは。
で、Pearl到着。一通り案内をしようと思ったらチョコレートファクトリーというチョコのお店に。Guestの方にはこのお店を紹介するのですが、女性は必ず中に入りますね(笑)。当方も甘さ控えめトリュフチョコをおごってもらいました(上機嫌=安いなあ…)。Hotel BoloradoというBoulderで一番古い高級ホテルを見学(ここで卒業式します)。これもけっこう気に入ってもらえたみたいで写真なんかも撮られていましたね。この方はDenverの学会前レセプションに出席されるためここにてお別れ。Boulderを気に入ってもらえたようでよかったです。

家に帰ったら疲れのためか頭痛がしていたのですが、今日はApplied Financeのチームメンバーがカラオケパーティーをセッティング(といっても歌うのは私=アメリカ人は恥ずかしがって人前では歌えない→前のパーティーで歌ったところ好評だったようだが、うちのメンバーは聞き逃した。→卒業前に聞かないと一生後悔する…)などでただのカラオケでうまいわけでもなんでもない、どちらかというと下手でも盛り上げる方がアメリカ人は喜ぶ。ともかく、一眠りしてからカラオケに(10時から12時まで)。いってみると10人くらいのクラスメートが…。アホかこいつら…、俺のために土曜の夜にくるかね(笑)。

で、風邪引きはじめで声が割れてしまったのですが、まあ楽しんでくれた模様で面白かったです。
今日は11時におきましたわ(笑)。

最後の(?) カレー屋
卒業後、コロラド(アメリカ)に残れるかが一つのKeyですが…、少なくても学生の間のカレー屋は最後ですね。今回はDeming Centerというアントレの研究センター主催でPicnicをやったのですが、まあいってみればBBQに毛が生えたようなもの。これにてカレーを出したわけです。

実は幹事のJeff Porterから30-40人前くらいと言われていたのですが、日本人のお世話になった方々への恩返しも兼ねて(ただだし)大目に作ろうとおもったのでした。しかしな…、1学年50名なのに30-40は少ないんじゃないかということで、分量からいくと100人前くらいを作ったんですね。コストが余り変わらないと言うのもありますが…。

ただ、家でつくるにしては鍋がでかすぎる。下地の野菜の煮込み等は小さな鍋でやるものの、大量の玉ねぎを入れる工程以降はどうしても大なべにする必要があります。これを家でやるのは断念。3時からのPicnicに対し、朝9時半から現場にて煮込み始めました。自分の計算だと10時半までにやり始めればOKという頭でしたが、いざやり始めても玉ねぎの味が変わるまではあまりおいしくないスカスカのカレーなんですね。2時の段階でもそういう感じでしたが、経験を信じてそのほかの部分の味の調整をした上で、ジッと煮込んで時を待つのでした。3時前にはまあいいだろうというレベルになりました。しかし、肝心の客というかクラスメートはちらほら。4時くらいから徐々に増えてきました。

この頃には◎の味になっておりましたので一安心。おかわりする人達も多く、3回来た人も5人くらいいたような。アントレセンターのTop Paul氏やFrank氏もおかわり。最後に5人前くらいは自分やクラスメートに回りました(まあ、残渣みたいなものなので)。しかし、いやーよくでた。

今日はいくつかのことを達成しました。
?みんなにカレーを食べてもらい、知ってもらうこと。記憶に残ったらいいなと思い…。
?Frank氏にカレー屋をやっているところを一度見せたかった。このため、店のバナーを出しました。
?お世話になった日本人の方に御礼として。

しかし、完売(Freeですが)するとは思わなかった…。とても嬉しい!
ご来訪の方々、お力添えを頂いた方。ありがとうございました。


プロフィール

Keigo

Author:Keigo
千葉県出身37才男:千葉南高校・明治大学卒業後、石油化学メーカーに9年間勤務。
2006年7月より私費にてコロラド大学MBAに留学。
良い製品を世界に広げられるメーカーをつくるべく、MBAを志望。エリートらしさのかけらもないMBA学生生活とその後を発信。
帰国後は外資系化学メーカー勤務。でも、やっぱりエリートらしくない…。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



世界時計



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



らっしゃい!