MBA留学日記 University of Colorado at Boulderとその後
MBA留学日記。2006年7月からの2年間の学生生活とその後の東京生活。個人的なブログであり、公式なものではございません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それじゃ、1月5日分
1月5日 再び京都でした。

この日はU子さんという旧友(この子も英会話学校の友達だった)にお願いして京都見物にお付き合いいただきました。彼女は関東出身ですが京都が好きで住み着いているのです。10時くらいだったかな、京都駅で待ち合わせして嵐山に。

はじめは天龍寺。庭がきれいでJeffが前に進めない!当方はU子氏と近況報告等をしながら先に進み、3名を待つ形に。遠目に見るとJeffが胸に手を当てながら感動している様が伺えます。写真もいろいろ撮っているようですなあ。こういうシーンを見ると喜びが沸いてきますね。
天龍寺1

この天龍寺の脇にある竹林の間を抜ける小道で元の会社の先輩に偶然出会うことに。いやいやびっくりでした。それはそうと、この竹林には自分も感動!いろいろな”緑”が美しい。日本の美ですねー。
天龍寺竹林


その後、広川という渡月橋側の鰻屋にて昼食。すみません、白焼きが最高に美味いのですが…。鰻丼はたまらなく美味いのですが…。で、渡月橋にいくも、ここにはイマイチ感動しなかった様子。

次に路面電車にて金閣に移動。アメ人は金閣には感動するも、ああ、きれい。といった感じ。
金閣寺


時間も押してきたので銀閣に直行。ここには3時過ぎに着いたので「ゆっくり回ってきて良いぞ、下の茶屋で会おう。」ということに。銀閣の山から見る一帯の風景は最高です。が、見入っても10分でしょう。
銀閣寺

当方が下についた時には山のてっぺんに髭親父(Will)が見えました。その直後にJeffも合流。我々は土産物屋に足を踏み入れて時間つぶし。30分程度はいたかも…。で、外に出ると…。

髭親父達はまだ山頂に…。

ということで我々は茶屋に移動。Susanも合流し抹茶を堪能。結局は1時間くらいいたんじゃないかな?後から聞くと丁度夕日のタイミングでいい眺めだったとのこと。

おみやげ物やにて買い物のあと、祇園の古い町並みを見てから夕食(おばんざい)を食べにいったのでした。ここは比較的安くおばんざいを食べさせてくれるところで京野菜の説明に苦労しましたが、連中も喜んでくれたことでしょう。

11時位には大阪に帰ったのでは。
さて、6日は元々、留学予備校にて説明会の予定でしたが、4日に京都案内してくれた後輩が奈良案内してくれるということで、3名は奈良へ。当方は説明会等をしたのでした。また詳細は次回にて。

時差ぼけなので1月4日分を書きます
1月4日 今日は2つのイベントがありました。

?八田さんのおうちにてご挨拶
これにはJeffとWillも同行してくれました。当方の強いモチベーションを作った要因でもある八田さんのお話を彼らにすると非常に強いインプレッションを感じたらしく、いろいろな思いを語ってくれました。また、八田さんにも自慢できる私のクラスメートを紹介できたことは非常に嬉しいことでした。八田さんのお母様からはほとんど着ていないという形見のスーツを頂きました(ちょっとだけ当方の足が長いのでちょっと直す必要がありますがそのほかはOK、着れそうです)。スケジュール的に朝5時起きで、宿泊していたホテルの心斎橋から彼らのいる西長堀にPick-Upに行きました。実はこの友人のマンションをお借りして宿泊費が節約できたのですが、その友人の次女が帰省しているということで外人3名のみの宿泊をお願いしておりました。ところが、更なるご厚意にて4名分のお部屋を用意して頂いていたのでした。初日はホテルに当方が宿泊したのですが、2日目からは4名一部屋でした。

ともかく、ホテルから荷物を持ってこのお部屋に行くと…、入れない…。連中がぐっすり睡眠中で部屋の鍵が開かないのでした。何度か電話やチャイムを鳴らし何とかOpen。6時半には電車にのり、7時半に京都のとある駅にて八田さんのお母様に拾って頂きました。
いろんなお話をしていたのですが、彼らは胡坐をかいているのが辛いみたいで後から聞いたら結構大変そうでしたね。

11時前には西長堀に戻り、12時前からお部屋を貸してくれた友人がPartyを開いてくれたのでした。
Party
この方、お習字の先生であり、書道での大学の先生でもあります。英会話学校に通っていた時のクラスメートで英語も少なくとも私よりは上手。外国人の生徒も多数教えており、文化的にも非常に高い&広い見識を持たれた方なんです。今回は書初めをさせて欲しいとお願いしていたのです。Jeffは「養心」、Willは「志」、Susanは「福寿」(寿は旧字)。当方は「清流」と書き、自身の心を表したと言ったところ…、ほぼ全員から突っ込みが…。
Shodou1

Shodou2

Shodou3


この会には着物を着た女性が二名参加されていたのですが、そのうちの一方は23年間もその書道教室に通われている方(若奥様です)で、この方にアドバイスを頂いたところ、当方の「清流」も大分と形になったように思います。で、色紙に清書し、篆刻を押してもらい完成!500円の色紙入れ(結構きれい)に入れると中々のできばえ!

その後、この着付けの先生たちにてSusanに着物を着せたのでした。この会に来ていたもう一人のガリーナさんというウクライナ人の建築学の教授の方にも着付けし、4名で写真を撮っていました。
Kimono1
Kimono2


とまあ、非常に文化的な一日でした。ちなみに会が終わったのは10時半。
その後、野郎軍団はスーパー銭湯に。帰宅12時。明日は再び京都だ!


1月3日からは関西へ
1月3日 2日の夜は遅かったのですが3日は朝4時起きで京都に。

??なんで京都に行くのに飛行機なの?といわれそうですなあ。
まあ、以前に説明したかもしれませんが、外人はJR Passというのぞみ以外に乗れるフリーきっぷを持っています。ところが外国のPassportを持っていない私はこれが使えない。反面、余っていたマイレージがあり、これを使うことにしたのでした。

ということで3名は7時半東京発の新幹線で京都に10:20着。待ち合わせをスムーズに進めるにはこれより早く行く必要があり、当方6時半の飛行機=5時のバス=4時起き、となるわけです。伊丹から京都にバスで移動。9時過ぎには京都に到着。”なかう”の親子丼を食べるもいっこうに時間が潰れない。駅にあるマクドナルドで電波をつかまえInternetで暇つぶし。この間でいろいろな必要確認事項をチェック。うん、金沢のホテルもココで確定させたような…。

京都駅は非常に分かりづらいため、10時20分に入場券を買ってホームまでお出迎え。すばらしいツアコンですわ、全く。でもって、京都駅で後輩と待ち合わせ…、あれ?こねーな…。電話したら、遅れそうとのことなので三十三間堂にて合流することにして、一同出発だ!

京都駅から徒歩で三十三間堂に行く。うぬー、ここは何度来てもすごいな…。ずらっと並んだ仏像もさることながら国宝級の守護神達。見ごたえ満点です。いつかリグヴェーダを読んでみたいとおもいます。
その後、藤というラーメン屋で昼飯を食べた後、南禅寺に。自分も初めて行ったのですが、すばらしいお寺ですね。人工的ではありますが寺の作りの数々。美しいですね。
その後、法然院・哲学の道・銀閣という予定でしたが、銀閣が閉まっていた(4時半最終入場)。ま、これは5日に再来ということにしました。

きょうのおやどの大阪西長堀に。いやいや長い一日でした。
帰国しましたが…
ちょこちょこと日本にいた時のことを書きましょう。

1月1日 大晦日ということで六本木で年を越し、明治神宮へ。
異常に混んできる明治神宮にて参拝し、みなさん疲労困憊。これは面白くなかったらしい。
4時ごろに帰宅し、1月1日は寝正月。夕方からは実家でパーティーです。5時に新検見川でPick-Upの予定。兄と従妹の3名でホスピスにいる祖母を見舞い、帰りがけに連中と合流。
帰宅後、パーティーなのですが、うちの家族や親戚も落ち着かない様子。なにせ初の外人客ですからねー。早く席に着けばいいのになんの準備か知らないがなかなか席に座らない。そんな状況も徐々に酒が入っていくと舌も回りだし、半分わかったようなわからないような英語で各々がコミュニケーションを取ろうとしています。
その瞬間まで、いったいそれぞれがどのくらい英語をしゃべるのかわからなかったのですが、この従妹が多少はしゃべれることが判明。逆にその父であるおじはもっとしゃべれそうなイメージでしたが期待ほどではなかった、かな?
とはいうものの、それなりには話せたわけで、うちの兄や親父にももう少し頑張ってほしいものですなあ。

1月2日 この日は3名をうちの年始周りに連れて行きました。通常は親戚周りと墓参り。父方の墓をお参りし、日本人(の一部)がどうお参りするか見せたのでした。巣鴨なのでとげぬき地蔵にも挨拶。その後は浅草の浅草寺へ。
これが失敗。というか、連中は混雑に慣れていないんですね。巣鴨から浅草寺までの都営バスに乗ったところ、超混雑、しかも新年なので道も混雑。一応、バスの案内には40分と書いてあったのが75分もかかり、Jeffはご機嫌斜め。しかも浅草寺も超混雑で、仲見世にも入れない状況。我々は釜飯を食べて、次の待ち合わせ場所の上野へ移動。4時から従妹と兄、そして兄の同僚と待ち合わせてカラオケに行くことにしていたのでした。そこで早々に上野入りした我々はビールを飲んで時間をつぶし、西郷隆盛像にて待ち合わせてたのでした。と…、西郷隆盛…、Jeffに似ている…。
ともかく、そこで2時間カラオケ後、彼らに3名を任せ、当方はかつての生徒の人生相談に出かけたのでした(実際には恋愛相談だった)。これに11時過ぎまでかかってしまいましたが、それぞれが新しい人生の境地にチャレンジしようとしているのはいいことですなあ。
そんな2日でしたが、3日は早朝から関西に移動。スケジュールがきついっすね。
年末の過ごし方
29日:今日は鎌倉に行ってきました。
鶴岡八幡宮に行って…、いやなかなか行けないぞ。
小町通という商店街が気になってしょうがないようでした。とにかく歩いてみて回るというスタイルが気に入ってしまったようでうれしくてしょうがないみたい。スーザンがお買い物をたくさんしているのでウィルはちょっとお怒り気味。

まあそれでも八幡宮に行き、いろいろなものを見ると文化や宗教の違いに興味津々といった感じ。いろんなものがそれぞれ気になるわけで説明も大変だわい。
昼ごはんに日本そばをすすり、一路大仏へ。ちゃんと中も入りましたよ♪

ここでお土産を物色するウィル。数珠だまを掴んで…(うぉー、やめてくれー)。こっちを向いて(きたか…)。「Keigo、これなんだ…(そ、それだけはー)」ということで数珠玉の説明をさせられました。

この日は上大岡の友人宅に行く予定だったので、連中は総武線快速に乗せた上で、横浜でさよならしました。上大岡で久しぶりにとんかつをたべ、その後おすすめというショットバーに行きました。ここ、うまい!今まで飲んだことの無いようなジン・ギムレットなど、親父の薀蓄も含めて非常に楽しませてもらいました。

29日は上大岡で泊めてもらい、30日に。

30日はフリーにしていたんですね。やっぱり連中も疲れるでしょうから。一応、昼には千葉に行って晩飯の場所を教えたりしました。彼らはLive Houseにいって大騒ぎできてとっても満足だったようです。

当方は…、30日の10時AMに帰宅、シャワーを浴びて千葉に行き、連中とあった後、3時に昔の卓球仲間の忘年会があるということで八千代台に行きました。酒だけ飲むつもりで行ったら、4試合もやってしまった…。もちろん超筋肉痛です。6時から飲みが始まり、7時に退出。その後吉祥寺にて旧友と行きつけのイタ飯屋に行き飲みました。その日吉祥寺泊。

31日。昼ごろに家に帰り仮眠。というのも今日は年越しカウントダウン&明治神宮。連中には明治神宮で2時間並んだのは相当こたえたらしい…。つらそうでしたねー。

ちょっと駆け足ですが、31日まではこんな感じでした。



プロフィール

Keigo

Author:Keigo
千葉県出身37才男:千葉南高校・明治大学卒業後、石油化学メーカーに9年間勤務。
2006年7月より私費にてコロラド大学MBAに留学。
良い製品を世界に広げられるメーカーをつくるべく、MBAを志望。エリートらしさのかけらもないMBA学生生活とその後を発信。
帰国後は外資系化学メーカー勤務。でも、やっぱりエリートらしくない…。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



世界時計



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



らっしゃい!