MBA留学日記 University of Colorado at Boulderとその後
MBA留学日記。2006年7月からの2年間の学生生活とその後の東京生活。個人的なブログであり、公式なものではございません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋ですな
体育の日の三連休。
2日は卓球とスペイン語に費やしたのですが、もう一日は箱根に行ってきました。これは紅葉の季節にはちょっとはやいこのリゾート地に混雑を避けるという期待を込めていったのですが…、結構こんでいるじゃん…。目的は温泉卵(大涌谷)と昨今できたという関所資料館。この関所のレプリカは非常に精巧に再現されていて、しかもわからないところはわからないままにしてあるところが非常に好感をもてますね。

関所はいわばイミグレなので実際にやっていたことは(庶民には)空港の検印と同じようなことだったみたいですが、入り鉄砲と出女という言葉の通り、この2つは厳重に警戒されていたようです。入り鉄砲、これは想像がつきますね。そうそう、江戸に武器を大量に持ち込むなど不振極まりない行為なんです。何かクーデターでもしようと画策しているのかっちゅう感じですな。じゃ、出女は?というと、これは江戸城下に住んでいる大名の妻子を指していたのです。彼女たちはいわば人質として江戸城下にいたわけで、これが退出するとなると人質を返し得た大名は挙兵に対するハードルがなくなるわけです。それが出女を取り締まった理由のようですね。

実際には文官5名程度と武官というか足軽が15人くらいいたそうです。おもしろいことに、山道を抜けて関所を避けようとするものは見つかり次第に磔とかなんですが、実際は道に迷ったのであろうということで無罪放免にしていたために罪をとがめられて命を落とすものが少なかったということです。

まあ、なんというか日本の歴史にちょいと触れた珍しい時でした。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/10/15 10:59】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ubicmatech.blog66.fc2.com/tb.php/439-d491b15a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Keigo

Author:Keigo
千葉県出身37才男:千葉南高校・明治大学卒業後、石油化学メーカーに9年間勤務。
2006年7月より私費にてコロラド大学MBAに留学。
良い製品を世界に広げられるメーカーをつくるべく、MBAを志望。エリートらしさのかけらもないMBA学生生活とその後を発信。
帰国後は外資系化学メーカー勤務。でも、やっぱりエリートらしくない…。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



世界時計



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



らっしゃい!