MBA留学日記 University of Colorado at Boulderとその後
MBA留学日記。2006年7月からの2年間の学生生活とその後の東京生活。個人的なブログであり、公式なものではございません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失言という罪
昨今は失言で大臣を辞任する人が多くなりましたね。
こういうのを見ていると自分は政治家には絶対になりたくないなと思ってしまいます。利害関係というのは人が二人いたら発生することで、自分の視点から何かを論じれば(特に既成のシステムを変えるということになると)必ず何かを持ち上げ、その反面で何かを下ろすわけです。もちろん、その持ち上げ方もありますし、持論がもつPowerとその人の立場等もあるとは思いますが、自由な発言ができない世の中であれば現場維持の世界だけが残っていくのです。そして、現状維持で乗り切れない危機的な状況がくるまでは何も変わらず、マスコミも何も言わず…、危機的な状況がくるとマスコミは既成のものを批判するという構図ですね。

私の近しい人は、私のテレビ嫌いをよく知っているとは思います。まあテレビに限らず最近はコメンテーターという意味不明な無責任発言者が幅を利かせているのがさらに私をテレビから遠ざけるわけです。

社会保障や国のサービスというのは国の収支がそれを支えるのに充分な状況でのみ与えられるものです。無駄を省くのも大事でしょう。でも国際競争力はもっと大事に思います。国際競争力を上げるためには国内の意味不明な無駄遣いをなくすのも大事でしょう。でもでも、そうすると地方は現在と同じレベルのサービスは得られなくなるでしょうね。それは地方からの反発があるから…。

ま、そんなことを何年もやっているわけですな。
持論ではもっとサービスの差があっていいと思うんです。そしてその違いも考慮して住む場所も決めたらいい。地方にサービスが不足すればそれを商売にする人も出てくるでしょう。

借金で回している間は地方切り捨て反対とかいうのですが、本当に苦しくなったら切り捨てるでしょう。国際競争力Upを真剣に考え始める時はもう遅過ぎるのでしょう。ま、そういうことも頭にありながらどこでも暮らせる力をつけておきたいなとは思いますね。

ともかく、自由な考え、自由な発言を持ち、それを実行できる場所で生きたいとおもうと永田町は酸素のない土地と同義に感じますなあ。独身だからもありますが、34歳無一文、でも自由人。うーん、いいのかなあ(笑)。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ubicmatech.blog66.fc2.com/tb.php/437-38e2ee74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Keigo

Author:Keigo
千葉県出身37才男:千葉南高校・明治大学卒業後、石油化学メーカーに9年間勤務。
2006年7月より私費にてコロラド大学MBAに留学。
良い製品を世界に広げられるメーカーをつくるべく、MBAを志望。エリートらしさのかけらもないMBA学生生活とその後を発信。
帰国後は外資系化学メーカー勤務。でも、やっぱりエリートらしくない…。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



世界時計



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



らっしゃい!