MBA留学日記 University of Colorado at Boulderとその後
MBA留学日記。2006年7月からの2年間の学生生活とその後の東京生活。個人的なブログであり、公式なものではございません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STA Travel
いやー驚きですわ。
CUのUMCという学生があつまる食堂のようなところにはいろいろな店が入っているのですが、その中にSTA Travelという旅行会社がありました。STAはもともとStudent Travel Australiaなのですが、アメリカにも48店の事務所を持ち、学生の強い味方になっていました。

ここには日本人の女性マネージャー(店長)のF子さんがいたため、当方も帰国や旅行時にお世話になったのみならず、たまにフラっと遊びに行ったりしたものでした。まあそういうように親しくお話させて頂く仲だったので、最後の学期には学校のプロジェクトにもご協力頂き、Steveと一緒にConsultingの練習台になって頂いたのでした。

そのF子さんからメールが飛び込んできまして、なんと6/27でその48店がすべて閉鎖になりCall Centerのみの営業(Internetも)にすることになったそうです。Consultingの時に聞いた情報からだと、Call Centerは直接、お客さんと知り合いになるわけでもないので少しでも高い商品を売ろうとするそうです。すると一時的な収益はよくなるのでしょう(固定費もかからないだろうし)。しかし、Userは短期間に気づくと思うんですね。ま、早々にアメリカは撤退でしょうな。

実はこういう嫌な目にあったことがあります。Virizonという携帯電話の会社(Docomoみたいな感じ)に電話の購入と契約に行った時でした。自分は電話もほとんど使わないし、メールも少ししかやらない。学生なのでSimpleなのがいい。安いのはどれか、と聞いたところ50,000円くらいする最新型のメールのやりやすいのはどう?と言ってきた店員がいました。客の要望を完全に無視して自分のことのみ考える店員に頭にきて、すぐに店を出てQwestという別の会社に直行したのを覚えています。

表面しか見れない、StrategyのないHeadquaterの元ではValueを創出している現場の人が可哀そうですね。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ubicmatech.blog66.fc2.com/tb.php/407-8810de8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Keigo

Author:Keigo
千葉県出身37才男:千葉南高校・明治大学卒業後、石油化学メーカーに9年間勤務。
2006年7月より私費にてコロラド大学MBAに留学。
良い製品を世界に広げられるメーカーをつくるべく、MBAを志望。エリートらしさのかけらもないMBA学生生活とその後を発信。
帰国後は外資系化学メーカー勤務。でも、やっぱりエリートらしくない…。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



世界時計



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



らっしゃい!