MBA留学日記 University of Colorado at Boulderとその後
MBA留学日記。2006年7月からの2年間の学生生活とその後の東京生活。個人的なブログであり、公式なものではございません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thailand
タイに来ています。

仕事が始まるとなかなか休めないだろうということでどっかに行こうとか思っていました。実は海外はアメリカ・カナダしか行ったことがなかったのでアジアの国にでも行こうと思っていたのでした。その中でもタイは友人の奥さんがタイ人だったり飯がうまそうだったり。重要なのはクラスメートのタイ人がタイに戻ると言っており、ガイドをしてくれると言ってくれたのでした。

何といっても歴史と人々を見ること。これが重要と自分は思うので、人と話ができるというのはなかなかいいことなんですね。

で、自分の旅程なんですが、16日にBKK(バンコク)入りし、17日にはアユタヤという歴史の町に8:30の電車で行きます(3等車:20バーツ=70円)。その後、ホテルに荷物を預けて遺跡めぐりちゅうわけですわ。で、ここまでは過去形で書くべきものでしたね。
とにかく、特筆すべきは3等車の風景が20年前の日本の電車そっくり。これ、電車の中だけではなく、バンコクの町も結構20年から25年前の日本のよう。バンコクのメインストリートが神田や巣鴨みたいといえます。第一印象は「汚いなあ」。でもすぐにWhyを考えることに。ま、この辺は数日後にわかるのでは。

話をアユタヤに戻しましょう。寺院を回っていると2つの疑問が湧いてきました。多くの寺院は戦争で廃墟になりました。もう少し詳しく言うと多くの廃墟はレンガむき出しの状態になっていました。廃墟や現在の寺院を見るとこれらの廃墟ももともとはレンガで造られた骨組の上に漆喰で白く塗られ、また彫像を作られていたわけです。しかしながらこの白は短期間に風化し、剥がれおちていきます。はじめに黒い点ができ、徐々に全体が黒くなっていくのです。その後、壁の表面は崩れおち、レンガがむき出しになります。最後はレンガも黒ずみ、またレンガの自重に土台が変形し、もともとの形を保てなくなってしまいます。

しかし、何かほかにいい方法はなかったんかいな?
日本には1000年もつ建築物はあると思います。が、これらの建物は300年も持たないはず。これ、ちょっと疑問です。

もう一つの質問は、寺が異常にきれいであるということ。人々が貧しい生活を送っているであろう地域にも寺は豪華。これいかにという思いがわいてきます。
もう少ししたらいろんな人に聞いてみたいと思います。

ではでは。

Thailand

Because I have to work from 1st of July, I decided to go to travel to somewhere and I chose Thailand. One reason is I have never been in other Asian countries. Second, my friend’s wife is Thai and I have some good feeling with Thai. Third, foods! And finally and most important things is my friend went to back Thai and told me to guide around Bangkok. When I was a host of my three American friends who came to Japan in the last winter break, then I focused on showing people’s living and real communication among my sophisticated Japanese friends. In this time, I believe I can communicated with good people in Thai!

My schedule is…
16th Fly to BKK and stay (Arrive at hotel 22:30)
17th Go to Ayutthaya by 8:30 train from BKK and look around the old temples.
Actually, those of them should be used past tense. Now I did them.
I bought a third class ticket and came to Ayutthaya, old capital of Thailand. Because I will be back the same hotel in BKK, almost all stuffs were left the hotel. Anyway, I was on the third class seat in the two hours.
One thing I want to say that the view of the coach is amazingly close to the view of a coach of Japan but it was thirty years ago. I felt same things when I reached BKK yesterday. One of the main street is very close to Kanda or Sugamo. My first impression was dirty, honestly. But immediately my thought was move to WHY. Now I avoid talking about the Why. I will go back to BKK tomorrow and will find some stuffs again and again.

Back to Ayutthaya, through looking around the temples, I thought about two questions:
I found that many temples are ruins after some wars. More detail, most of them show brick. I well understand that generally Ayutthaya’s temples were made by bricks and plaster. Therefore those buildings showed white beautiful shapes. However the white paints were easily to be weathered: at first, it was gained some black dots and turned to black. Second, white walls were cracked and broken down. Third, bricks show their existence. Finally bricks were also blacked and broken down. Simultaneously, heavy weight of those buildings reshaped the basement so building could not keep the shape.

But…., why they used the same method???

Another Question is coming from some beautiful temples. It is too different from general houses. I mean, people are in poor life but temples seem to be very rich. Why??

I believe I will get some answers within a week, ha, ha.
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ubicmatech.blog66.fc2.com/tb.php/398-29a4afc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Keigo

Author:Keigo
千葉県出身37才男:千葉南高校・明治大学卒業後、石油化学メーカーに9年間勤務。
2006年7月より私費にてコロラド大学MBAに留学。
良い製品を世界に広げられるメーカーをつくるべく、MBAを志望。エリートらしさのかけらもないMBA学生生活とその後を発信。
帰国後は外資系化学メーカー勤務。でも、やっぱりエリートらしくない…。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



世界時計



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



らっしゃい!