MBA留学日記 University of Colorado at Boulderとその後
MBA留学日記。2006年7月からの2年間の学生生活とその後の東京生活。個人的なブログであり、公式なものではございません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝卒業
自分で祝というのもなんですが、無事卒業しました。
アメリカ式の角帽とガウンを着て行きました(帽子はくれた)。
MBAの卒業式はスタジアムではなく講堂でやりました。卒業生はMBA・EMBA(Evening)とDoctor含めて90名くらいかなあ。そこに家族や友人がいてという感じでしょうか。一人ひとり名前が呼ばれ壇上で卒業証書入をもらいます。卒業証書は7月にならないともらえない…。壇上で名前を呼ばれると家族や友人から拍手やコールがかかるようでした。自分は他の友人の御家族が拍手等をしてくれていたように思います。
Grad Auditorium


その後、外に出てみんなと写真撮影。実はこの借り物のガウンは直後に回収ということだったので写真撮影。Jeff LやWill、日本人の唯一のクラスメートのMasashiさんも参加。AmyはBusiness Planの発表の時に一緒でしたね。オイというタイ人の子は会計やファイナンスでいつも助けてくれた重要人物です。以前にこの子の名前を検索してこのサイトにきた不審な例がありましたので今回はこの子だけはカタカナにしております。

Grad Will
Grad Jeff L
Grad Masashi Amy Hong
Grad Aoy


無事卒業式も終わりまして、その後はホテルでReception。といっても飲んでいるだけですが、みんなとお話をした後にLydiaやらJeff LがSettingしたPartyに参加。これは各御家族の皆さんが食事会をするであろうというのをまとめて一箇所に集めた感じ。自分たちはWillの御家族のところに行きました。うぬ、御馳走になってしまった(笑)。とくにWillとJeffの御家族には親しく、大事にしてもらっいました。JeffのところからはColoradoのワインとグラスを頂きました。Jeffは一人っ子ということもあるのか、家族がとても大切にしてくれますね。このあと、飲みに行ってJeffが最後に言っていたのですが、彼からすると、自分が強烈な努力をいていた姿に感動を覚えたといっていました。ま、こっちは生き残るために必死にやっていただけなんですが…。通常生きているうえでそこまで根性が求められることはないので、彼が見た自分の姿というのは(彼の中で)前例のないLevelだったようです。ま、そりゃ何となく分かる気がするわ、そういう状態に陥ったことは日本ではなかったので…。

とかいうことがあってJeffのところもWillのところもとても評価してくれているようで何となく嬉しい(笑)。ちなみにWillの家族は月曜までいるみたいなんですが、日曜の朝にバナナクレープ作りをするということで家にお呼ばれしました。独身でいるというメリットの一つかもしれませんがこういうのは非常に嬉しい、バナナクレープはともかく…。

帰宅後、11時半からPearl Street Pubという行きつけの飲み屋に出陣。2時まで飲んでいました。ここではMarkというEMBAの優秀生(最後のFinanceで一緒だった)と話をいろいろしていました。このJeff L・Will・Jeff P・Mark・Wennyとその旦那・オイ・Masashiさんなどは一生のうちでもまだ長いお付き合いになるいい友人になるでしょう。その他のクラスメートもすぐにお話できる人になるでしょうなあ。Small Schoolのメリットを卒業式の日にも再確認したわけです。

今日もPartyが2つ続けてあります(笑)。さてさて洗濯でもして準備するかな。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント
おめでとう。
Keigoさん、ご卒業おめでとうございます。色々な方々からCU at BoulderのMBA Programはスケジュール的にもクライテリアに関しても厳しいと伺っております。その重いワークロードに2年間も対処し続け、"An MBA Degree"をご取得した達成感はKeigoさんのFuture Careerに必ず役立つことでしょう。また学業以外でのBoulderにての手で触れることが出来ないインタンジブルな経験もKeigoさんの将来のキャリアの成功を更に確実なモノにすることでしょう。私の拙いBlogと相互LINKして頂いて有難うございました。まだまだアメリカにての就職活動などで苦しい思いをされるかと思いますが、そこはお互い様ということでシェアしていきましょう。今、アントレとHRMが絡むペーパーで四苦八苦しておりますので、Keigoさんの喜びの写真を見て、「私も…。」と思いながら、共感して感涙にむせぶ思いをしております。しばしビジネススクールにての疲れを癒すためにのんびりと身体を休めて下さい。本当に有難うございました。本当におめでとうございます。

Many congratulations on your graduation!=)
【2008/05/11 13:29】 URL | HIROSHI #Uxdmk/1I [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/05/11 15:54】 | # [ 編集]

おめでとうございます
Keigoさんが旅立たれてから、あっという間に2年間が過ぎ去った気がします。
今日、この日を迎えられ本当におめでとうございます。
もし日本に戻られる際には色々と話を聞かせてくださいね。
今後とも自分の理念に向かって邁進していかれるようご活躍を祈念しております。
私もKeigoさんの決断力、実行力を見習って今後とも頑張って行きたいと思います。

ところでこのブログは閉鎖、及び別ブログの新設、またはタイトルの変更等の動きがあるのでしょうか?
【2008/05/12 00:44】 URL | EF63 #JZhPjwNw [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/05/13 22:11】 | # [ 編集]

ありがとうございます。
日本に戻るのかも未だにわからない状況です。
恐らく、6月中旬までは米国にいる予定です。
このブログ、どうしようかなとも思いますが、せっかく、かいているので続けようかなと思っています。タイトルかあ、どうしようかな?

ま、また就職が決まった時点で何か報告いたします。
【2008/05/16 17:35】 URL | Keigo #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ubicmatech.blog66.fc2.com/tb.php/380-c278db97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Keigo

Author:Keigo
千葉県出身37才男:千葉南高校・明治大学卒業後、石油化学メーカーに9年間勤務。
2006年7月より私費にてコロラド大学MBAに留学。
良い製品を世界に広げられるメーカーをつくるべく、MBAを志望。エリートらしさのかけらもないMBA学生生活とその後を発信。
帰国後は外資系化学メーカー勤務。でも、やっぱりエリートらしくない…。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



世界時計



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



らっしゃい!