MBA留学日記 University of Colorado at Boulderとその後
MBA留学日記。2006年7月からの2年間の学生生活とその後の東京生活。個人的なブログであり、公式なものではございません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひと山越えた。
今日は2つのクラスでFinal Reportの提出がありました。一つはIT & Business Planというクラス。ITを使って会社の構造を変えるとか、ITというよりはManagementのクラスですね。このプロジェクトは商務省付の気象データ収集研究所のサポートをもらって進めたものです。この機関はある時に多額の寄付を受けたため、その恩恵を社会に反映させようということで気象データの無料配信サービスを始めたそうです。できるだけ使いやすくするためにいくつかのデーターフォーマットに対応させ、必要な気象データをピックアップするソフトを開発し、データーソースを増やすなどいろいろ努力をしているみたいです。が、なかなか利用者が増えないらしい。主な利用者は教育機関や研究所なんですが、それ以上が中々増えないらしい。

それもそのはず、使ってほしいといっている割にはMarketingのようなことは一切していないのでした。常に最高の品質のものをつくる(この場合はデータ)ことを目標にしているわけです(しかも無料だから、それができれば無敵みたいな感覚…)。で、彼らがいう“使いやすい”というデータを見ると…、全然一般人には分からない複雑なものでした(これです)。
まあ、ありがちですがTechnologyに侵されているとでもいいましょうか…。
useful data

そこで、一般人の利用者を増やすのも社会への貢献であり、現在のMissionに反していないはず。DataのみならずServiceにつなげて利用者を増やす方法を提案したのでした。今までは化学メーカーにいたせいか、安くていいもの志向が強かったのですが、継続的な競争力をつけるにはUserの行動に何らかのSolutionを付与するのか、またはSystem的にユーザーを囲ってしまうのか、いずれかの方法にいくべきだという考えを習ったわけですTriangle
。ネットスケープはGoogleやInternet Explorerに負けてしまったのがいいよい例でしょうか。ともかく、自分達の提案はGoogle MapやSchedulerに天気情報を付与しようというのと、携帯電話のFaceに天気情報(この情報は15km四方の近隣地域の情報なのです)を付与するというものです。

もう一つのクラスはBusiness Planというクラス。Venture Capitalistsを6名呼んで、クラスを2分割(つまり3名ずつ)してプレゼン。合計11チームがプレゼンし、4チームが次の決勝ステージに進むわけです。決勝ステージで勝つと2,000ドルだったかな?もらえるらしいです。で、自分がほとんど貢献できていないチームなんですが、プレゼンはバッチリ決まり決勝ラウンドに進出することに。予想外の結果にあらびっくり。決勝は1月14日とか言っていたかな?正直、終わったと思ったので、ちょっと面倒くさいなあというのが本音ですね。

ともかく、成績は今日のプレゼンでついていますのでまあ一安心。後一科目じゃ!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ubicmatech.blog66.fc2.com/tb.php/290-5676a257
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Keigo

Author:Keigo
千葉県出身37才男:千葉南高校・明治大学卒業後、石油化学メーカーに9年間勤務。
2006年7月より私費にてコロラド大学MBAに留学。
良い製品を世界に広げられるメーカーをつくるべく、MBAを志望。エリートらしさのかけらもないMBA学生生活とその後を発信。
帰国後は外資系化学メーカー勤務。でも、やっぱりエリートらしくない…。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



世界時計



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



らっしゃい!