MBA留学日記 University of Colorado at Boulderとその後
MBA留学日記。2006年7月からの2年間の学生生活とその後の東京生活。個人的なブログであり、公式なものではございません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに。
最近発見したのですが、八田さんのねたで書かれているブログを発見いたしました。この方は阪大医学部の学友の方で、中国からの留学生。ブログは当方から研究室に送ったメールを引用して書かれておりました。で、中国語で書かれていたため、当方の友人に日本語訳をお願いし、若干の文法事項の修正を加えたのが下記の文です。

残念なのが、書かれた方のお名前等が分らなかったことですが、この方のお話は前々から(八田さんより)伺っておりました。

八田晋滋さんを悼む
朝、圧迫感の中で会議が終わりました。それからメールをチェックしたら、びっくり。
八田さんという、かつて私の左側に座っていた大学院生が、24日にこの世を去りました。心の底から沸いてきたもの悲しさがで私の目を潤いました。八田さんは腸内免疫疾病を罹っていました。自分の病気の原因を解明するため、また自分と同じ病気の患者を治療できるために、彼は医学部を受験しました。
彼は私と同級生です。来たばかりのときから彼と隣人になりました。日本に来たばかりのため、関西弁になれなくて、ときどき何をしゃべっているのかを分からなかったです。なのに、よく話してくれる彼が好きでした。日本語の練習にもできるから。外観からみると、彼がひどい免疫システムの疾病にかかっていることは分からないんです。彼は、とても活発で、活力があって、とても積極的な人です。たまに体調不良で一日休みます。
入学した年の8月に、彼は手術を受け、腸の潰爛した部分を切り取りました。病院で約1ヶ月入院して、彼は再び実験を始めました。しかし、天気がだんだんと寒くなってきて、体の調節能力はますます衰え、休みの日も増えてしまいました。冬になって、体がさらに悪く、とうとう先生が彼に退学することを勧めました。
退学を勧められるということは、当時、彼がどんな気持ちだったのか分からないが、きっと非常に沮喪したでしょう。なぜなら、実験は彼にとって学位を取得するための仕事だけではなく、人生の目標のためだから。恐らく、そのときから彼は自分の残りの命が長くないということに気付いたのでしょう。あとから聞いたが、その後、彼は京都大学の院生に受かって、自分の夢のために研究し続けていました。
まさか、このような訃報が。
来世、彼は疾病に苦しまないよう、健康で楽しく生活するように祈ります。


ということでした。
※八田さんは京大病院に入院をされていたのであって、院生ではありませんでした。彼は病院にいるときでも学術論文を読み、その病気の治癒に少しでも役立てようとされていました。あと、この時点では彼は余命短しとは感じていなかったと思いますね。ただし、私が出国した7月11日、この一週間前には最後のお電話を頂いたのですが、(その時には呼吸することに大きな負担を感じられていたようで)今生の別れを感じられたのかも知れません。

彼は私の中では今でも生き続けています。実際に自分の苦境の時には必ず登場する人物です。まあ、彼を思い出すと手が抜けなくなりますね、正直。昨年の学業の苦悩を乗り越えたのも彼の存在があったからでしょう。いやー、腸の潰瘍で40度の熱を出しているのにステロイドと座薬うちながら勉強する人の姿を思い出したらそうなると思うね、誰でも…。

まだまだ当方の人生にも苦悩がありそうですが、頑張ります。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ubicmatech.blog66.fc2.com/tb.php/262-484bf278
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Keigo

Author:Keigo
千葉県出身37才男:千葉南高校・明治大学卒業後、石油化学メーカーに9年間勤務。
2006年7月より私費にてコロラド大学MBAに留学。
良い製品を世界に広げられるメーカーをつくるべく、MBAを志望。エリートらしさのかけらもないMBA学生生活とその後を発信。
帰国後は外資系化学メーカー勤務。でも、やっぱりエリートらしくない…。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



世界時計



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



らっしゃい!