MBA留学日記 University of Colorado at Boulderとその後
MBA留学日記。2006年7月からの2年間の学生生活とその後の東京生活。個人的なブログであり、公式なものではございません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人的関係の構築
とか偉そうに書いていますが、今日の焦点は生き残るための術についてです。どこでって、そりゃクラスでですよ。
悪夢のように感じたKick-Outの呪縛。確かにこれは去っていったのです、一応ね。と但し書きが付くのはですな…。
卒業時のGPAが3.0以下だと全てが水泡に化す、からです。
当方のアホさ加減を赤裸々にも公表すると、
第一セメスター 2.52 (kick-outの基準2.50)
第二セメスター 3.53(kick-outの基準3.30)
なのですが…、第二セメスターはおまけ科目がいくつかあったのでした。つまり、就職関連のクラスやLeadershipのクラスはAll Aに近いものです。たしかにこれらがなくても3.30はクリアしていたはずです。しかし、そこに至るにはMAXの努力をしているのは言うまでもありません。

このMAXの努力には2種類ありまして、一つはお勉強を頑張ること。もう一つはチーム力を上げることです。
前者については言うまでもありません。前セメスターのブログを見ていただくと分るとおり、息つく間もなく勉強し、試験準備をして…、教授にも不明な部分をいろいろ聞いて、ということをしたのに。Business Ethicsではクラス最低点を頂戴するというのが現実なんですね。これはReadingの能力が一番大きいのですが、彼らが5回復習する時間に自分は一度しかできないのですからね。頑張って3回やっても今度は試験にて書かねばならないわけです。試験中にCaseを読ませて解答するという鬼試験がMarketingにてありました。3時間半のテストで、教授の配慮として1時間は延長をしてくれたのですが…。アメリカ人が3時間半で出て行くテストで1時間など焼け石に水なわけです。恐らくアメリカ人は10ページのケースを30分弱で読むことができるはずです。当方は(当時は)2時間強かかるわけです。ということで、科目によっては元々点の取れないスタイルのテストが行なわれる危険性があるわけです。

テストの比率というのは大体30%-50%で、その他はチームプロジェクトやクラス貢献度によって評価されます。卒業時のGPA3.0=B平均を確保するにはこの残りの部分がとても重要なんですね。

で、今日のタイトルの人的関係の構築についてです。
自分がチームを先導して、というのはよっぽどのことがないと難しいのですね。前学期のアントレのクラスでは工業製品の立ち上げがらみだったので、それなりの貢献ができるわけです。しかし、そのほかではどうなることやら。レポート作成なんぞも相当苦労するわけです。前学期のBusiness Ethicsでは期末試験の代わりにチームで割り当てられたNPO団体のCode of Ethics(倫理規範)を作るというものがありました。
よく考えてみーや、日本語でも難しいやんか…。ということで、この科目のライティングには貢献できていません。まあ幸いにも他のチームメートの作戦で、Macro Econのレポートを2人・Ethicsを2人というように分担したのでEconでCoverしたというのが現状。その他、電話でのInterviewというのが必要だったのですが、これは他のチームメートが行なう代わりに、ミニプレゼンテーションは自分がやるなどというようにFree Riderにならないように頑張るわけです。BBQもその一環。チームの仲間にならないとね(でも最近はその手の飲み会やBBQにおいて唯一の留学生参加者となることが多いですね)。

というような裏側の努力もあって、みんながよくSupportしてくれる非常にありがたい環境なのです、ハイ。授業で分らない部分があるときでも、(昨日BBQに誘ってくれたJeff等に)「おい、ちょっと授業のあと時間ある?Reviewしてくれんか?」と頼むと結構してくれます。本当に分らないときやFinance系の危険度の高い科目の時はもう一人の日本人クラスメートにお願いしてReviewしてもらいます(本当にありがたい)。

そんなこんなで授業も明後日から始まります。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ubicmatech.blog66.fc2.com/tb.php/233-824548c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Keigo

Author:Keigo
千葉県出身37才男:千葉南高校・明治大学卒業後、石油化学メーカーに9年間勤務。
2006年7月より私費にてコロラド大学MBAに留学。
良い製品を世界に広げられるメーカーをつくるべく、MBAを志望。エリートらしさのかけらもないMBA学生生活とその後を発信。
帰国後は外資系化学メーカー勤務。でも、やっぱりエリートらしくない…。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



世界時計



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



らっしゃい!