MBA留学日記 University of Colorado at Boulderとその後
MBA留学日記。2006年7月からの2年間の学生生活とその後の東京生活。個人的なブログであり、公式なものではございません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとも寂しい週末です。
今日は午前中に博物館関連の仕事をちょろっとして、午後は昼寝したりだらけていました。なんともいえない寂しい週末に感じるわけです。

いや、カレーのせいではありません。やはりこの一年前の訃報のためですね。実際には24日だったのですが、私はその訃報を月曜日に聞いたんじゃなかったかな?よくわからんけど一年が経ってしまったという感がしますね。

最近、このブログを読んでくださっている方々に少し紹介させて頂きますが、昨年に私の親友だった八田さんがなくなられたのが7月24日でした。彼からは留学予備校の関係で知り合ったあと、苦しい受験準備生活のときにご指導・励ましを頂いたのでした。元々、超健康体だった彼は大学院卒業後に企業に数年勤めたのですが、ベーチェット病という免疫病にかかり大変な闘病生活を送っていたのでした。免疫関連の病気は非常に難しくなすすべがないという感じでしたが、彼は自分の病気をなおずべく米国の大学院を目指して勉強していたのでした。結局、受験はされたもののアメリカのTOP校しか受験しなかった(というかそこしか受ける意味がなかった)ため、全敗されたのですが、同年に阪大の医学部(博士課程)に合格。ですが、半年後に病のため研究継続困難と教授に判定され(確かに大変ではあったのですが)退学処分に…。

と、ざっと書きましたが…。彼は高熱の状況でも努力し続けるんですよ、これが…。ステロイド飲んで、座薬打ちながら勉強するんですよ。40度の熱で動けない体で研究しに行くわけです。

まあ、去年に結構書いておりますのでその辺りを見て頂けると分かるのですが、すさまじい人でした。

彼とは将来、一緒に会社を作ろうと言っていたのですがそれが思い出されると非常に寂しい気分になるわけです。実はこのブログのアドレスにもなっているUbicmatechという造語は彼と考えたものでして、ubiquitous(q→cに変えていますが)とMaterial+Technique(que→chに変えています)が元の言葉です。いいたかったのは高機能材料が世界中で使われるように、そういう高度な技術をバックに持つ会社をつくろうという思いがあるのです。汎用化は人類の生活レベルの向上という理念につながっており、私のプロフィールに書かれているのはこのイメージがあるわけです。

八田さんとの約束に自分はどのくらい近づけているのか…。いやー、まだまだ足りんなあとおもうのです(って昼寝している場合じゃないって…笑)。でもね、必ず達成しますので、この目標は。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ubicmatech.blog66.fc2.com/tb.php/198-d746b6b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Keigo

Author:Keigo
千葉県出身37才男:千葉南高校・明治大学卒業後、石油化学メーカーに9年間勤務。
2006年7月より私費にてコロラド大学MBAに留学。
良い製品を世界に広げられるメーカーをつくるべく、MBAを志望。エリートらしさのかけらもないMBA学生生活とその後を発信。
帰国後は外資系化学メーカー勤務。でも、やっぱりエリートらしくない…。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



世界時計



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



らっしゃい!