MBA留学日記 University of Colorado at Boulderとその後
MBA留学日記。2006年7月からの2年間の学生生活とその後の東京生活。個人的なブログであり、公式なものではございません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本滞在 飲み会だらけ
飲み会4発!
今日はハードスケジュールでした。一発目は奨学金を出してくれている親戚のじい様です。この人はめちゃ金持ちで正月はヒルトンホテルに陣取っています。というのも、いつもはホームヘルパーさんを一週間にのべ16人雇って(もちろん公共の補助で受けられる人数を大きく超えていますので自腹でやっています)、食事や部屋の掃除等をお願いしているわけです。ところが正月は誰もこれないのでホテルに張り込むわけです。ホテルで何をしているかというと、一日中囲碁を(別の親戚や知り合いと)打っているのでした。いやー、贅沢贅沢。部屋に行くと広めのツインの部屋で、ぱっと見た感じ、一泊5万のプランを特別割引で4万円、5日いるので20万円、食事等を入れると30万弱かな?やっぱり金持っていると庶民の感覚とは違うのでした。
で、新宿のヒルトンに10:30に赴くと…やはり親戚と囲碁を打っています。その勝負がつくとロビーのラウンジでコーヒーを飲みながら談話(コーヒーは一杯1000円でしたわ)、昼近くになって地下のレストランへ。「久しぶりの日本でしょうから好きなものを選んでいいよ」と言ってくれたので、「うなぎなんかいいですねー。」とウナあぴーる。ですが、なぜか、「ああ、天ぷらがいいかなあ。」とぼやきながらじい様は天ぷらやへ…。結局、爺さんは和食が食べたいだけだったのです。
それはそうと12:00に出発する予定が14:00までかかってしまいました。まあ、いいじゃないですか。この予定は非常に重要なんで。

で、新宿から千葉に帰宅(15:00)。自宅に叔母さん(父の姉)が来ておりました。ここでお年玉をあげ(親戚の子は明治政経にいます)、一万円を失ったあとで次の会へ。17:00から千葉ですよ。
この会は英会話学校の時の友達(A氏)とその先生(めっちゃ綺麗な先生でした)、その妹。この子も私の転勤のあとで先生をやられていたようです。彼女たちはニューヨークで働いている(妹は今度からNYだそうです)ようで、今度NYに行く時に案内をしてもらえるようにお願いしました☆

その後、上大岡(横浜の西)の友人宅へ。首都圏横断です。21:15には上大岡着。お腹はそんなに空いていなかったんですが、久しぶりに焼肉を食べることができました。うまかった!
その日は宿泊をさせて頂きました(夜は眠気で使い物になりませんでした、ハイ)。彼はマンガ喫茶を経営しているのでお店を拝見。手作りのお店ですが中々機能的。上大岡という土地柄、高級感より庶民派・親近感を重視し、使いやすさを売りにしているようでした。
しかし、彼の本業はプログラマーなんですね、工業ラインの制御系と言う表現にしておきましょう。とにかく将来におけるいろいろな話を(Brain Stormingですが)しておりました。メーカーについても今後少しずつ考えていきたいと思います。

とまあ、こんな具合。明日は元会社の同僚と会います。






1月4日:今日は上大岡で起床。午前中は友人と様々な話をし、あっという間に12:30に。上大岡を離れ東京駅の銀の鈴へ。ここで元同僚の夫婦と待ち合わせ。おおっと、身篭ったとは聞いていたが6ヶ月ともなるとそれなりに大きなお腹に。旦那も同僚で、彼は社費の研究員という形でカリフォルニア工科大学に2年間行っていました。私は出張でロスに行った際にお世話になったわけです。3年前かな?当時、学校内のパトロールを“”に乗ってしている警備員を見たときにはちょっと驚きましたね。まあ、帰国後も私の退社直前にも大変お世話になったわけです。嫁のほうと元々は仲が良く、このブログでも(きびしいー)コメントをくれる方なんですがね…。ともかく、近況報告をしあい、励ましを頂いたわけです。
この日は確か、おとなしく帰宅したような…。
1月5日:この日は鎌倉めぐりですな。
大阪に行ってからの英会話学校の友人(京都在住ですが、ご家族の都合で2月までは実家の鎌倉にいるとのこと)と鎌倉めぐり。久しぶりの“和”の町並み。普段は写真をめったに撮らない私が数枚ですがシャッターを切りました。鎌倉は三方を山に囲まれた土地(もう一方は海)で、お寺も斜面に造られているものが多いのです。とあるお寺の敷地内(徒歩で5分くらい登ったところ)には大正時代に建てられた洋館があり、そこを使って洒落たレストランを開いている店がありました。彼女(友人)がここをResearchしており、ここでお昼を食べました(昼間からWineを空けてました)。その後も3つくらいのお寺を巡り、北鎌倉の駅前で甘味を楽しみました。ああ、和のなごみ。
その後、19:00新宿のNext Appointment。現在新宿在住の元、塾の生徒です。もうこの世代は就職して数年働いているわけですね、私も32になるわけです、ハイ。ということで有名な飲茶屋に直行。小籠包を貪り、やさしい中華の味を楽しみました。アメリカというかBoulderにはこういうHigh Levelな飲茶はないですね。
1月6日:Beef Stew Day! 私が作る日です。というのも、Boulderでカレー屋をやろう計画があるんですが、カレーのみの品揃えでは「私、カレーって食べたことない!」とか「Spicyそうで…。」とかいう輩と二人連れ(仲間連れ)の人たちが店に来なくなってしまうということもあり、Beef Stew+Pastaを提供しようと提案したわけです。で、個人的には実家のビーフシチューは結構おいしいので、これを提供しようと考えてました。ただし、実際に作ったことはなかったので、このタイミングでレシピの習得をすべく計画をしておりました。午前中はその準備をしてましたね。で、昼は検見川(私の地元)にあるインドカレー屋に行ってきました。これは29日に一緒に飲んだ元生徒と11:30に店の前にて待ち合わせをして行ってきました。この生徒は検見川に住んでいるとのことでしたが、このシタールという絶品カレーの店に行ったことがないらしく、今回Joinしたのでした。あまり辛いのに強くないというI氏は三ツ星(辛い)のキーマカレーに涙していました。私は辛いものを食べるとしゃっくりがですのですが、大丈夫ですので皆さん驚かないように。辛いの大すきです。
彼女は外房線沿線に実家があるのです(連休なので戻っていたようです)が、この日は当方のカレーの都合に合わせて、検見川に出てきてくれました。検見川にはたいした店もないので、当方の実家にてコーヒーをすすりながら話をしていました。さて、そろそろシチューの準備ということで、ちょっと不足ぎみの料理酒(赤ワイン)を買いにスーパーに行き、そこでお別れとも思ったのですが…。よくよく聞いてみると、彼女の晩御飯は侘しそうだったので、私のビーフシチューを食べてもらうことにしました(迷惑でしょうが…)。結局、うちの家族全員とご飯を食べて行かれました。まあ、うちの家族は濃い人種なので大変だったと思いますわ。一応、ビーフシチューはOKだと思います。これを米国で反映できるか、帰国後に実験ですな。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/01/09 19:37】 | # [ 編集]

お元気そうですな~!
新年明けましておめでとう御座います。
新年の挨拶回りをしておりまして、名刺の整理をしていましたら、
「パペットマペット」のURLがあり、開けてみますと…なんと帰国されてるではおまへんか!しかもお元気そうで…!
かくいう私も11月より東京勤務となり、なんとか落ち着いたところです。
当方も自炊と飲み会の日々を送っております。2ヶ月で4キロも太り、
ストレスないんやな~!と嫁に言われております。
もうそろそろ帰国されるんでしょ!
健康に気をつけて頑張ってください。(お互い様ですが…)
【2007/01/10 12:51】 URL | yoshitaka nakamura #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ubicmatech.blog66.fc2.com/tb.php/112-09983806
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Keigo

Author:Keigo
千葉県出身37才男:千葉南高校・明治大学卒業後、石油化学メーカーに9年間勤務。
2006年7月より私費にてコロラド大学MBAに留学。
良い製品を世界に広げられるメーカーをつくるべく、MBAを志望。エリートらしさのかけらもないMBA学生生活とその後を発信。
帰国後は外資系化学メーカー勤務。でも、やっぱりエリートらしくない…。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



世界時計



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



らっしゃい!