MBA留学日記 University of Colorado at Boulderとその後
MBA留学日記。2006年7月からの2年間の学生生活とその後の東京生活。個人的なブログであり、公式なものではございません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国一日目と二日目
帰国一日目:千葉
今回の帰国の目的の一つは90歳の婆さんを見舞うことです。
二週間前に親父から「婆さんが心臓が弱ったということで入院している。しかも気管と食道の境をつける弁が弱って水が飲めない(ものが食べられない)。」との連絡を受けた。歳が歳だけに状態があまりよろしくないので、成田から直行。幕張の病院へ。親父曰く、たまにボケちゃっているとのことだったが、俺が行った時は大丈夫で意識は正常、大学の写真とかを見せて談話をした。まあある程度の覚悟はしていそうな感じでした。
一度家にかえり、夕方は自宅で“おでん“を食べました。米が美味い!大根が美味い!やはり日本食はいいものです。その後、元私の塾の生徒で現在はOLのI氏と元塾の同僚で現在は法科大学院生のM氏(M氏に電話をしたところ、たまたま通学の帰宅途中とのことでそのまま”飲み”に誘いました。
次の日の朝は関西地区遠征のため、6:30amの飛行機=5:00amのリムジンバス=4:00起床ということになるのですが、2;30まで飲んでいました…。バカ…。

帰国二日目:大阪
飛行機のチケットは取ってしまっているので、4時起床で一路京都(樟葉)へ。八田さんの墓参りということで今一実感もなく、出発。9:30樟葉にてお母様とアポイントを入れていました。お墓参りと書きましたが実際にはまだ納骨されていないようで、ご自宅にお伺いすると低めの小さなテーブルに八田さんの写真と仏具が置いてありました。私も実感がないまま、拝むものの、やはりイメージが湧かないのです、この現実に対して。
亡くなられた日が実は34歳の誕生日の前日だったとは知りませんでした。また、私が知っていてご家族(お姉さまとお子さん2人も合流)がご存知でないこともあるかと思い、いろいろお話をしていると…。そう、八田さんの恋愛話について話題が推移しました。彼は大学時代のある女性のことが非常に好きだったようで、失恋の時は突然、仙台から自宅に一週間帰郷していたようです。この方の存在はご家族の方も知っていらっしゃったようですが、どの方かは分からなかったようです。そこで写真をいろいろ整理されて、この人かなあと推察されたようでした。しかし、実際にはその方ではなく、うーん、写真があれば分かるかもとアルバムを見せてもらうと…。
「あった!」 私、発見しました。男はよく品定めがてらに集団写真をみるのですが、以前に見せて頂いた写真のなかで確かお嬢様っぽい方だったような。という記憶の下、Searchしておりました。ご家族にすれば少しずつ“?”が分かっていくことは嬉しいことなのではないかと思い、まつわるお話(全部ご本人から伺ったお話ですが)をさせて頂きました。

ところで、八田さんの直接の死因は呼吸器系の病気だったようです。入院中に肺にカビが入ってしまい、炎症を起こしてしまったようです。人工呼吸器をつけられた八田さんの最後の言葉は「呼吸するのに疲れた」とのことでした。最後の最後まで戦われたことが伺える壮絶な言葉に聞こえました。

お昼ご飯をご馳走になり、次は大阪へ。
私が通っていたイフ外語学院という塾にご挨拶。今日は年末最終日ということで授業はなく、自習室だけ空けていらっしゃったようです。そして、川西能勢口の濱口塾長(元イフのSuper講師:今年ご自分で開塾)宅にて鴨鍋パーティー+極上ワインの会に参加。うまい!
ところが…、何と不覚にも時差ぼけ到来。多分9時くらいから記憶がない。あの時差ぼけ特有の強烈な眠気が私を支配。10時過ぎに御宅を離れるまで、記憶がほとんどありません。勿体無い。
この会、私のブログにもリンクさせてて頂いている、きいぼう(ジョージタウンMBA1年生)およびまっちゃん(サンディエゴ大のMBA1年生:コースの名称がちょっと違うみたいだけど)、林大先生(Insead:フランスのTOP MBA校)も参加されていました。

11時ごろに西中島南方のホテルに到着、あっという間に眠りに着き、5時に目覚めて現在に至ります。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ubicmatech.blog66.fc2.com/tb.php/110-15707869
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Keigo

Author:Keigo
千葉県出身37才男:千葉南高校・明治大学卒業後、石油化学メーカーに9年間勤務。
2006年7月より私費にてコロラド大学MBAに留学。
良い製品を世界に広げられるメーカーをつくるべく、MBAを志望。エリートらしさのかけらもないMBA学生生活とその後を発信。
帰国後は外資系化学メーカー勤務。でも、やっぱりエリートらしくない…。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



世界時計



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



らっしゃい!