MBA留学日記 University of Colorado at Boulderとその後
MBA留学日記。2006年7月からの2年間の学生生活とその後の東京生活。個人的なブログであり、公式なものではございません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想と向かい合って生きる…。
今日は夜の9時にクラスメートのPorterに電話をもらい、飲みに来ないかと誘われたわけです。ま、そういう飲みに誘われるのは最近は自分とミュ=というタイ人(彼女はアメリカの大学を卒業している)くらいになりました。ともかく、その飲み会に行って酔っ払って、今帰ってきてブログを書いているというのが現状です。これを勘案してこの後の文章を読んでください。

さて、残り3ヵ月のMBA生活になったわけですが身の振り方が今だ決まっていないわけで…、ま、ある意味不安なわけです。そんな中で、酔っ払って帰ってくる道中、思い出されるのは八田さんの姿ですわ…。やっぱり、命をかけて戦っていた人に託されたものは実現しなければ…と思うわけです。

人の生活を向上させる仕事。このイメージが自分には工業の起業家とぴったり結びついたわけで、これを実現したいという思いは高まるばかり…。逆にそんなことを想像する人は少ないわけで、一種の孤独感を感じざるを得ないのも事実(もうここ数年でたっぷり感じていますが…)。

ま、正直寂しい思いもありますね。死者に報いるのはきりがない。どこまで進んだら納得してもらえるのだろうか…。人の生活レベルを向上させる。これは当初の自分の目標でもあり、今もそれを追及している…。でも…、どれくらい?どれくらいやったら満足してもらえるのだろうか?おいおい、その前にどのくらいって、少しやるだけでもそりゃ大変なことだぜ…!いやいや、分かっているから余計に悩ましい…。

自分はなりたい自分になれるのであろうか…?

正直、日々泣きそうですよ、このテーマと正面から向き合っていたら…。でも、あきらめきれない33才です、未だ…。

スポンサーサイト
できることは何でもやった。
はじめに。今日はだいぶ偏った内容ですので、あしからず(笑)。

「できることは何でもやった。」この言葉をいえる人は何人いるでしょうか?

たまたま(普段は絶対に見ない)、明大スポーツのサイトをみていました。すると野球部の選手でもと甲子園の有名投手がひじの手術をして野手に転向。その時のインタビューで。「人より後れを取っているからとにかく必死。できることは何でもやった。コーチに特打を頼んだりしてがむしゃらに」。とのこと。
当方、才能にひっじょーに恵まれているため…、ここ数年は「できることは何でもやった。」を毎年せざるを得ない状態になっています…。しかし、身に残るものは大きく、自分でも胸を張ってその言葉を言えるようになっています(本当はスンナリできれば幸せなんでしょうがね?)。

大学入試時(浪人時代の半年間)も真面目に勉強しました(したつもりでした)。しかし、ここんところはレベルが違いますね。人生かけちゃっている度が高いので、本当の“背水の陣”を味わっている次第です(笑)。
以前に熱闘甲子園という番組の終わりで、チャラけたねーちゃんが「戦い抜くこと、最後まであきらめないこと!」と美文をのたまっていましたが…、通常はそういう状態になることは殆んどないわけで、彼女の言葉の軽さを感じてちょっと残念に思ったのでした。
あともうひとつ、ディズニーシーとかいう遊園地に行った時なんですが…。ああーどうしようかな、皆さんから批判を頂くのは承知で書きますわ。私、そういうところにあまり向かないんでしょうね?。ともかく…。
昼のパレード(水上のやつです)にて、あの“ねずみ男”が「夢の世界へのすてきな航海!」とのたまうわけです。しかし、そもそも未知なる世界への航海なんて不安と孤独(船長:リーダー)もあわせもっているわけで、大航海時代の航海の旅立ちはまさに今生の別れに近いもの:戦いに行くのと同じだったわけです。これは現代のBig Challengeでも同じことで、全てをStopしてMBAにChallengeするのは、まさにこの航海に赴く気持ちでした。荒波だらけだし…。ここで立ち戻って、あのねずみ男の言葉(with軽い口調と裏声の不気味な声)。「こいつ…、デマゴーグ(扇動者)にちがいない…。」恐るべしディズニー、夢を語り人を集めてお布施を巻き上げるとは…。というのは冗談ですが、ようは本来は重いはずの言葉が、軽く使われていて違和感を感じざるを得なかったというお話でした。

でも、チャレンジは無意味に終わるということはないのです。私と同年代でチャレンジし足りていない人。充分楽しめますのでやってまいましょう(キッツいはずですが)。

かりやんの質問が面白かったので…
つい、調子にのって書いてしまいました。

アメリカの会社にはセールスとマーケティングを分けている会社が多々あります。日本は営業部のなかで両方の仕事をやるわけです。ではこの二つはどう違うのでしょうか?簡単にいえばマーケは販売戦略と予算、販売時の最低価格を決め、セールスはそれに従って売ってくる。それで売れなければマーケの責任…。戦略・起案はマーケの仕事。セールスは情報のフィードバックはすれども独自戦略は立てない。

さてさてかりやんの
・言われたことをきちんとやる人
・おかしいことに気づき、報告できるマネージャー
・事業全体の戦略や戦術を考えるシニアマネージャー
は日本の製造業の典型に見えます(特に製造・品質管理部門)。マネージャーたちはさっきのセールスのような仕事の仕方ですな。シニアマネージャーはマーケティングのような仕事の仕方かな?
かりやんの言うとおり”ひたすらオペレーションをこなす人と優秀さは異なる”だと思います。しかし、セクショナリズムや同じ部署内でも仕事の切り分けが進むとオペレーションの精度(および勤勉さ)を高める以外に評価されなくなります。ということで個人的な意見ですがマネージャー以下の現場から戦略戦術(世界戦略のみならず)を考える意見が上がってくる必要があります。その元になるのは情報の共有と御褒美(Reward)です。

MBAでは後者のRewardを一生懸命教えます。ようは評価制度と会社の目指す方向が合っていなきゃだめよ、っちゅう話。評価精度が曲がっていると犯罪を犯してでも評価を挙げる方向に行動が推移する(ライブドアのように)。逆にBottom Upが評価されれば社員一人一人が戦略・改善を志す隊長になります。成長企業の小さな会社では普通に行われていても大企業になると共に管理のための制度が優先されて、評価の制度(こっちのほうが曖昧になりやすいからだと思いますが)が遅れを取るケースがおおいようです。

情報の共有…。言うは易しの典型です。私の前職の会社は2000人規模の会社なので万人単位の会社に当てはまるかは不明ですが…。数度、こんなことをやったことがあります。
普段、関連のない基礎研究をしている部門に我々の仕事にからむ実験・開発をお願いすることになりました。ところが、彼らは研究することが仕事。製造のこと・販売のことなどお構いなし(というか知らないので何が問題か気づかない)なのでした。我々の製品を5000作るのにその原料が1000必要です。と言っているのにもかかわらず、「新しい技術を使うと独自技術で原料が製造できます。このやりかたでは500の原料しか確保できませんが、この方法で開発を進めたいと思います。」と20名くらいが出席する会議で話が展開していきました。当然、私がストップをかけましたが…。
※ 私、数学嫌いの私立文型人間ですが、500-1000=-500という引き算はできますので…。

そんなこともあって、この研究をする部門に(同期がいたこともあって)、つくったものがどう使われるのか、なぜKey Materialなのか、上手くいくとどういう将来図(夢…、または法螺…)が待っているのか、それがないとどういうことになるのか(現状何で困っているのか)等を話にいきました。会議じゃなくって、出張先で買ってきたお菓子(自腹)を持って、世間話をしに遊びに行くふりをしていくわけです。その同期曰く、そういう話が聞けたのは入社してから初めてのことだったと言っていました。
ちなみにMBAでは情報の共有化もTop Down方式を以ってする方法を教えるのが主流です。しかし、MBAのケースに出てくるのはサービス業・もしくは大メーカーの課長クラスまでの情報共有化が殆どだと思います。つまり、仕組みがしっかりしていれば情報の共有化はできるという考え…。個人的には本当の意味での共有化は扱われていないという認識でおります(なぜなら夢の共有化には不充分だとおもうので…)。

製造・品質管理等、失敗しないことが評価の対象の部署には特にこの両者が必要です。そうでなければ言われたことだけを100%できる=仕事ができる…、に収まってしまいます。これも個人的な意見ですが、現場のアイディアを評価する人が同じ部署にいるとつぶされてしまうわけです。なので、たとえば、「製造ラインに対する工夫等のアイディア」を掘り下げるか否かを評価する人(事業部長クラスの権限を与えて)を独立させて設置するのがいいと思います。で、勤務時間外の努力になると思いますが、その人からも資金を回してもらって発表できるレベルまでもっていかせる。ようは闇活動ですわ。この活動、部署の動きと関係ないので同期同士で勝手にチームをつくってやってもいい。上手くいったら闇活動でもご褒美をあげる☆

自分が会社を経営するときにはこのスタイルを試してみたいと思っています。




社員に求める能力「主体性」「発見力」
社員に求める能力「主体性」「発見力」
3月12日20時7分配信 読売新聞

 企業の人事担当者の約3分の2が、社員に求める能力として「主体性」や、現状の課題を明らかにする「課題発見力」を挙げたことが12日、経済産業省の発表したアンケート調査で分かった。
 ただ、若手社員にこうした能力が不足しているとする回答も4割を超え、企業が欲しい人材と、実際の戦力にギャップがある実情も浮かび上がった。
 人事担当者が社員に求める能力は「実行力」(70・8%)が最も多く、「主体性」(68・7%)、「課題発見力」(65・8%)と続いた。
 一方、29歳までの若手社員に不足していると思う能力は「主体性」(48・2%)「課題発見力」(44・4%)、「創造力」(44・2%)が上位を占めた。

という記事を見つけたのですが…。製造業に関する限り…、うそでしょう。個人的な意見ですが、これを見る限り日本企業の人事担当者のレベルは低いと思いますね。なぜならば彼らはこの発言を自分の仕事の中でしかしていないと思われるからです。日本の企業(もちろん一概には言えないのですが)で主体性・実行力を現業で発揮すると…、干されますな。つまり日本企業の中で求められるのは「決められた枠」の中での主体性・実行力です。見つけた課題が枠を超えていた時は主体性も実行力も発揮しないのが常なのです(多くの人事担当者がしているように)。

No Play, No ErrorでDegradeされない制度を保っている連中が社員が「実行力」・「主体性」・「課題発見力」をもとめるということが言行不一致に聞こえるわけで、「上職に文句を言われないように」仕事をするスタイル(「決められた枠」)を超えた発言ではないわけです。

これは私が以前にいた企業での話(つまり他の企業に常に当てはまるものではありません)。
研究開発部は新規商品の開発を表明しないと予算が出ない(評価もされない)システムでした。つまり研究部は折角芽が出た商品(既存商品という扱い)のケアをするためには予算が出されないのです。そこで新規開発をするという名目で追加予算を獲得し、その一部を使って(人件費)既存商品のケアをするという感じでした。
まあ、このねじれは酷いものでしたが、人事部は自分の穴から出て実態を調査しているわけではないのに、制度が適切に使用されていないという認識のようでした。このシステムは数年前に当時の社長かなんかの大号令でつくったシステムで、当時いた優秀な担当者たちが作ったシステムです。しかし、いかに優秀な人たちといえども一発でどの部署にも適用できる素晴らしいシステムをつくるなど不可能なわけで、その後に現状を把握して調整を入れていくことが必要なはずなのですが…。主体性のない人たちだったのか課題発見力も実行力も発揮されていなかったようです。

ところで、当時の人事部長は能力がなかったために過去の踏襲に徹していました(つまり彼の能力のみの問題ではないということ)。しかし、私が「許せんな!」と思ったことの一つに、研究部からの研究員増員の依頼に対して、「研究員を増やしたら何ぼ儲かるんねん。」と聞き返したという事例です。「お前、いつから許可する立場になったんだ?」と聞きたいわけで、本来は自分がその部署の状況、ビジネスの状況、研究員の状況等を情報収集し、己の基準を持った上で判定を自分ですべき(自分の判定に責任を負う)べきなのではないでしょうか?その職務を放棄して「研究員を増やしたら何ぼ儲かるんねん?」というのは人事部長が要らないことを表しているわけです。ちなみにこの人事部長はメインの勤務時間に営業出張者の海外出張時のチケット代が高いのではと電話をしてきていました(その仕事は入社一年目でも出来る)。

特に前の会社は工業製品の製造を生業にしていたのでスタッフ部門が弱いのはありえることなのですが、ちょっとひどかったですね。若手社員に「実行力」・「主体性」・「課題発見力」を求める前に、そういう気概を持った社員が活躍できる(評価される)制度・環境を、自分たちの「実行力」・「主体性」・「課題発見力」を生かしてつくるべきです。

そんなことを感じた記事でした。

Accountingのテキストを読んでみて…
Accounting

最近は生活の立ち上げと、私の一番大切にしている食べ物のお話が多かったわけですが、一通りの生活が立ち上がり、料理もそれなりにできることがわかった(作っている時や、作る直前に「○○がない!」とあせったこともありましたが、こちらも今は一通りそろいました)ということで、お勉強をStartしております。

元々、汎用の石油化学品(ペットボトルとか洗剤の原料=イメージは灯油みたいなものを決められたお客さんにいくらで何トン←ここが交渉のポイントなのですが、という契約をする営業のお仕事)を売っていました。まあ、はじめの部署がここだったのではじめの3・4年間は、デリバリーや在庫繰りをメインの仕事としていました。

次の部署異動が出てくるころに、(ノミニケーション(飲み)の中で)「次はどんなことをしたいんだ…。」というようなことを聞かれたこともありました。その営業部を卒業した若手は財務部門(経理部とか資金部とか)に進む流れがあったのと、経理とか財務とか一番嫌いなことを若年の時に経験しようということで、「経理部に行きたい!」と言ったのですが、実際は高機能の化学品を売る営業部に行くことになりました。

当時、SAPシステムという大手化学品業界がこぞって導入をしたコンピューターシステムをN社も導入するということで、各部から有能な若手部員がSAPのプロジェクトチームに引き抜かれていきました。つまり、各部に若手が不足しているときだったのです。このような時期に異動の匂いを漂わせる若手社員にはいくつかの部署からお声をかけて頂いたのですが、部の数を数えてみれば経理は経理部しかないわけで、営業部は6つも8つもあるのですから、確率的には営業に行くことが強く考えられるのでした。
まあ、案の定、営業部にいくことに。しかしながら、従来の営業とは(社内的には)正反対の営業部だったので、不安な反面、嬉しく思っていました。

ところが、その部署の問題ではなく、SAP導入と組織の官僚化が進んだためだと思いますが…、「ちょっと宜しくないんじゃないの?」と思しき、組織上の問題が強く浮かび上がってきました。

多くの社員は(当然なのですが)、決められた制度と方針の中で一生懸命、課せられた命題(営業であれば予算達成とか)をクリアするために頑張っていました。当方も平生はその方針に基づいて仕事をするも、一方で(元々、階層に意味を感じていないせいもありますが)全社方針とか課せられた命題そのものが本当に意味のあるものなのか、ということを考えていました。そして、意味のないものであれば改善・改革を現場からするというのが私個人の命題でした。仕事そのものの意味を問わずに目標達成のみにこだわるのは、自らの活動に「稼いで生活を送る」とか「決められた社会で地位を築く」とかを目指す人であり、「社会貢献」とか「自己実現」とかを目指していないのでは…と(勝手に)思っています。私は、世界の人々の豊かな生活を創るために一番現実的で意味あることは、工業化による基礎サービスの提供と考えていました※。
ということは、自分の意味あると思っていることが会社の目標と違っていなければ、そのことは実現に向けて進めていくべきです。
ところが、会社の大きな目標より、個人にはね返ってくる課題・責任が優先して考えられる(まあ、いわゆる大企業病)がここ数年で顕著になってきたのでした。
※「世界の」がミソです。日本はかなり工業発展が進んでいますので、現実生活を豊かにする時にはソフトの方に興味・開発が移っていますが、まだまだ工業が重視される国が多いのです。

まあ、この辺は私がビジネススクールを志した理由のひとつなんです。私としては、適当に立てられた予算(過去の実績+何%のようなもの)は評価管理には結びついても、会社の目標および自己実現には結びつかないものだったのです。
えっ?会社の目標って何か?
それは増収増益、企業規模拡大です。その御題目のために、私がいた部は「柱となるビジネス」を作れる部署だったのです。化学品の会社で、「柱になるビジネス」(=将来にわたり安定的に収益を稼ぎ出す“米のような作物”)とは、世界で3番位(少なくともアジアで3番にはいないと…)になるビジネスのイメージを持っていました。このレベルは私の個人的なお題目にもマッチするわけです。そこで、いろいろなアイディアを現実のビジネスに反映させようとするのですが、アイディアには、今日にもできる簡単で小規模な工夫から、会社全体(場合によっては他社を絡めた)にわたる大規模な構造改革や企業戦略までいろいろあるわけです。その大規模な改造や企業戦略が(私にも会社にも知見がないため)挙げられないという苦悩に当たりました。そして目の前には「上職に文句を言われないことを第一目標にする」姿勢がひろがってきていました。

 そんなように感じた現場を離れて一ヶ月後にテキストを読んで“ギョッ!”としました。
本屋で売っていますので気になった方は立ち読みしてください。恐らく、ビジネス書のところにおいてあると思います。銀色の背表紙に「MBAアカウンティング」と書いてある、グロービスという経営塾が書いている本です。この191ペ?ジに2ページ分の物語が書いてあります。ちょっと大げさに書いてありますが、私が現場で感じたことに非常に近い内容です(管理部門にいる人は特に気づきにくいと思いますが、営業の現場を鳥瞰するとこんなことが起こっています)。研究の現場でも同じことが起きていますので、その問題点を再認識する意味でも皆さん読まれてはいかがでしょうか。187ページからの章は物語として読んでも充分楽しめますので、お勧めです。

今日は独断と偏見に基づいた状況分析と図書推薦でした。




プロフィール

Keigo

Author:Keigo
千葉県出身37才男:千葉南高校・明治大学卒業後、石油化学メーカーに9年間勤務。
2006年7月より私費にてコロラド大学MBAに留学。
良い製品を世界に広げられるメーカーをつくるべく、MBAを志望。エリートらしさのかけらもないMBA学生生活とその後を発信。
帰国後は外資系化学メーカー勤務。でも、やっぱりエリートらしくない…。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



世界時計



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



らっしゃい!