MBA留学日記 University of Colorado at Boulderとその後
MBA留学日記。2006年7月からの2年間の学生生活とその後の東京生活。個人的なブログであり、公式なものではございません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三田製麺
会社に入ってから、仕事関連のことがブログで扱えないために筆不精となっているわけですが、出不精になっているわけではないので食べ物関連のことなどは当然話題になってもよいのです。

昨今、同僚がS'poreに転勤するというので昨晩は送別会をやっていたのでした。ま、連日の飲み疲れもあるのでしょうが、今日は予防接種を受けてきたがために禁酒ですとのこと。で、飲み会もないということで、三田製麺にてだし味を存分に楽しませようと喜び勇んで晩飯にいったのでした。

実は今日はプロジェクトの山場第二弾(Big Mountai)のめどがつき、そのご褒美に飯を奢ってくれるとのこと。逆にあやかってしまい申し訳ない。。。
それはもかく、三田製麺、うまい!出汁味、うまい!太麺によい塩加減、うまい!ってなことで、うまいのです。

これからS'poreに行く彼は三田製麺のために六本木にもどってくることでしょう。

スポンサーサイト
その翌日はだらだらと…。
ま、飲んだ次の日というのは普通ゆっくりするものです。
この日もそのようなSlowな始まりで、昼前にお買いものし、昼から留学中にお世話になった日本人のお友達とLunchをしたのでした。確かに一度行ったことがある日本食屋、ウォー懐かしいと思っていたら、日曜日はラーメンデーらしく、日本人が多数お集まりでした。Boulder周辺にこんなに日本の方がいたのかと思うほどといえば大袈裟ですが、20人くらいいたような…。

その晩は最後の晩となるわけですが、別の日本人のご夫妻と泊めて頂いたお家でParty。メタルな会話にて久しぶりに盛り上がってしまいました。これはなかなか良い会で、みんな何かと繋がるところがあるのでした。仕事がらみになるので、ここでは割愛しますが、意外に人ってつながるのよね。

実質の最終日が走り去っていきました。

早朝からバス停まで送って頂き(いや、友人は寝坊しているし…、危なかった…)、何から何までありがとうございました。

日本へはサンフランシスコ経由で帰ってきたのですが、友人は大阪へ、当方は成田へと飛ぶのです。出発の時間が違うのです。奴は出発時間を間違えて(時差計算)、ゆっくりオーダー…。あれ?お前、そろそろ行った方がいいんじゃないの?えっ?まじっすか?ぐえー?というやり取りがなされたのでした。

残された私と2食のメキシカン…。

全部食えるわけないっしょ…。ということで、満腹にて機内へ。

いやいや日本に戻れば別の現実ですが、いい旅でしたわ。
そんでもって結婚式
ちょっと間が空いてしまいましたが、結婚式について書きましょう。

アメリカの結婚式は~、と画一的に言えるものはないと思いますが、うちのクラスメートの結婚式は極めてOpenかつFriendlyで格式張らないものが多いですね。昨年のJeff Porterの時はメキシコでハワイアン+短パン、サンダルでした。今回は、服こそスーツ&タイですが、神父はおりません。その代わりといってはなんですが、クラスメートで彼らの家の同居人のAaron Hooverが神父役(もはや、神父を登場させる結婚式は少ないのかもしれません)。

この日はColoradoで数年に一度かと思わるほどの雨模様。それでも、もともと強い日差しを避けるためか、テントが張られていましたので、大きな混乱はなく、しかも徐々に晴れてきたので、なおよろしでした。
そのテントの中でHoover氏登場、その後新郎新婦の友人が7組くらい、手をつないで入場。あ、髭男も誰かと手をつないで登場したんだったかな?よく覚えていないや。

その後、兄に連れられてSusanが入場。彼女は小さいときに父を亡くされたみたいで、年の離れた兄が父替わりもしていたようでした。で、同居人Hooverの前で、お話を聞くわけですが…。
Mustache1

「今日は新郎のことをこの特徴にちなんでMustasheと呼びます」だそうです。意訳をすれば、まさに「髭男」。で、髭男は…、と延々髭男のエピソードを語り、笑いを取っていました(神父役違うんかい…)。

ま、一応、指輪の交換とか誓いの言葉とか、あああとですな。ダンスしていましたね、二人で。これ、よくわからなかったけど社交ダンスの真似事みたいなことをしていました。で、まあ、あとはご歓談っちゅうことなんですが、各人に髭が渡されて、こんな感じ。
Mustache2
ああ、これはすでに2次会のPartyでしたね…。

一次会は髭男がアルバイトをしていた家(ベビーシッターのバイトをしていた)を借りて結婚式をしたのでした。
この家が広くて趣があってなかなか素敵な邸宅でした(2時半~6時半くらいまでいたかなあ)。その後、また新手のParty Busのようなものに乗ってBoulderのホテルに移動。そのホテルのダンスホールという感じの場所でParty。

ここからが長かった…。7時くらいから1時まで踊りっぱなしでんがな。ワイン何杯飲んだかな…。
全部Class mateが奢ってくれるという素晴らしい境遇。代わりというわけではありませんが、なぜか結婚式に行くと必ずカラオケで歌わされるのです。このカラオケ、実はカラオケではなく単に曲を流すだけですが、歌えと言われるわけです。今回は飲んでいたので、QueenのDon't Stop Me Nowを歌ったのです(これはMBA時代に連中とつるんでいた時に歌っていた、ある種の思い出の歌なのでよいのですが)。

おお、お仕事完了とばかりに酒を飲んでいると…。Willが近づいてきて、「Keigo、お前はよく来てくれた。俺の中では本当に特別な存在と思っている」と、まあうれしいことを言ってくれるじゃないか。お前から見て俺はどうだ、というので「兄弟のようなものだ」と返したのですが…。

え?で、もう一曲歌えってか? 

なるほど、そういうのね。
ま、最近、GunsのWelcome to the jungleを歌わされるのでした。今回もご多分に漏れず…、来たか…。
でもね、全部の歌詞を覚えているわけではないのです。そこで、順番くるまでIphone借りてRemindするのですが…。
酔いが全部ぶっとぶっちゅうに…(まじで真剣に記憶作業)。
で、歌わされた状態がコレ。
Mustache 3

この後、無事にゆっくり飲むことができました。
ま、ともかく、おめでとう☆ということですな。



Estes Park
前回は10月6日の婚前Partyについて書きましたが、その翌朝(朝帰り)後に、Coloradoの醍醐味であるRocky Mountain国立公園に行ってきました。さすがにきれいでしたね。ご覧のとおり。すがすがしい山並みを歩けて幸せですなあ。途中でワインを飲んで盛り上がっておりましたが、それもまたよしです。
Coloradoは空気が澄んでいます。これは乾燥により空気中の水分が少なく、乱反射させる要因が少ないからです。

この後、夕方に帰宅途中(時差ボケで超眠い)に山の近くでジャムやサルサソースを製造販売している店を発見。コーヒーを飲むつもりで入ったのですが、なかなか面白いお店。当方、サルサソースとよくわからないモロッコ風味のソースを購入。いまだにまだ開けておりませんが楽しみではあります。

もちろん前日の夜が遅かったので疲れてはいるのですが、滞在期間は限られているのでFull Powerで活動。
明日も盛りだくさんのはずです。

Estes Park

髭男結婚式
久しぶりの更新になります。
就職してしまうとなかなか仕事がらみのねたが多くなりそうで、書くにかけない状態になります…。

ところで、10月5日から昨日11日までBoulderに行ってまいりました。このBlogでも書いておりますがWillという髭男がついにSusanと結婚するということになりまして、彼らが日本に来たときに一緒に遊んでくれたT氏と結婚式に行きました。今回は数回を使ってその結婚式と周辺の出来事について書こうと思います。

今回は飛行機のチケットの都合もあり周辺で一番安価な日程を選んだわけですが、幸いにして初めてのイベントに出席することがかないました。それはBachelor Partyという結婚式前に新郎は男のみで、新婦は女性のみで楽しむイベントなのです。まあ、そういう会であればある程度は想像がつくと思いますが…。。。

初めにWillの家に着いたときは男女15名程度がいました。女性が姿を消し始め、あれ?と思っていたら。
「いくぞ!」と声をかけられ、外にでると…。なんじゃ、こりゃ?変なバスだな…。

これ、Party Busというらしく、クラブのような内装になっており、音楽もガンガンです。
で、どこに行くのかといえば…。ストリップ・バーです。
なるほど、独身最後の楽しみか…。って、まあ妙な感じですな。
行ったのはDenver DowntownにあるDiamond Cabaretという店で、8個くらいの巨大な円形テーブルがあり、各テーブルの周辺に15席くらいの椅子があります。妙なつくりでしたが、わかりました!
このテーブルの上に踊り子が来て、踊るわけです。チップ(2ドル程度)を自分の前に置くと女性が来てサービスしてくれます…。というものの、ここはトップレスなだけで、下ははいております。しかも、そのダンスは性的行為を直接的に表現をしており、日本人の感じるエロスとはかなり違う…。なにかね…、動物のような感じ…。

ちょっと思い出したのは、高校生の時に卓球部の合宿で九十九里浜にいったのですが、朝の海岸ランニングの前の準備体操時に野良犬の集団が早朝からおっぱじめていた、あの様子が頭に浮かんできました…。

どうやら違うフロアには全裸のショーもあったようですが、当方は8月に日本に来ていたJimと話をしておりました。

その後、カジノに行くといっておりましたが、途中の道で事故があり大渋滞。結局、そのままWillの家に帰宅したのが3時半。1時間程度話をして、7時起床で友人宅に向かったのでした。

次は、この日9時発でEstes ParkというRocky Mountain National Parkの名所にいったお話を書きますね。



プロフィール

Keigo

Author:Keigo
千葉県出身37才男:千葉南高校・明治大学卒業後、石油化学メーカーに9年間勤務。
2006年7月より私費にてコロラド大学MBAに留学。
良い製品を世界に広げられるメーカーをつくるべく、MBAを志望。エリートらしさのかけらもないMBA学生生活とその後を発信。
帰国後は外資系化学メーカー勤務。でも、やっぱりエリートらしくない…。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



世界時計



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



らっしゃい!